タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

タイ式ヨガ、ルーシーダットン

昨日は1人でできるタイ式ヨガ、ルーシーダットンのレッスンでした。と言っても、タイ古式マッサージ同様、テキストに型は載っていますがそれらは単に絵や写真というカタログで特に意味はなく、テキストと同じポーズをやってもやらなくてもどちらでいいので、レッスンと呼べるような内容ではないのですが、その意味のない型にエネルギーが乗っかると、思考で理解していた今までの価値観や概念を覆す瞬間(をサティと呼ぶのだと思います)がやってきて「え~こんなに面白くて気持ちのいいワーク初めて☆」と生徒さんに言われ、私も嬉しいです(#^.^#)

ルーシーダットンは「仙人や修行僧が瞑想を終えて凝り固まった身体をほぐすために行われてきた」という歴史的背景より、それ自体がエクササイズやワークにはなりません。ルーシーもタイ古式同様、何かの目的達成を目指す間のワンクッション、その目的を少し横に置いてリラックスするための気晴らしだと個人的には感じます。私の習ったタイ古式やルーシーダットンはメインではなくサブ的要素の強いものですが、エネルギーが宿る不思議な技法で「それが何なのかを知りたい!」という好奇心で私はタイ古式を始めました。でも、追求しようとすると技は逃げていきますので、その欲を持ちつつもある程度欲を諦めてしまうとその時にはもう既に自分のものになっている、という面白い技法です。欲を持ちすぎず適度に静止する感覚は、自分を取り巻くリアルな現実で物事を観察するチカラとなり、自分の人生がとても生きやすくなりました。「苦しみを苦しみとして捉えない」そんな哲学が頭ではなく身体で習得できるお釈迦様のマッサージです。漠然とした不安やちょっとした不安も頭の中に存在しているだけだし、実際にクリアしなくてはならない問題があったとしても「何かしらの解決策があるから大丈夫」ということがタイ古式を受けるとわかるようになります。タイ古式で頭に上がったエネルギーを下に降ろし、思考や思いをスローダウンさせていくと、然るべき時が来るまで待てるようになります。タイ古式をやると信念と邪念が振り分けられ、何が信じるべきことで何が想念が作り出したフェイクかがわかるようになります。身体面では風が火、水、土と繋がり、自然治癒力が引き出されていくと症状改善がやってきます。本来自分の中に備わっている「自分らしさ」が内側から湧いて出てくるので自分で考え行動できるようになります。ってオイオイ本当かよ??と、、、書いていると不安になってくるので、それを確かめるために毎回タイ古式をやって不安を鎮めています。タイ古式は「信じるな、疑うな、確かめよ」というヨガの格言が入ったユニークな気晴らし又は世界一気持ちいいマッサージ(ヒマつぶし)です☆

話はまたルーシーに戻しますが、タイ古式はお客様の身体のセンやロムに触れますが、ルーシーダットンでは自分の身体を使いセンやロムを理解します。レッスンではなぜストレッチがいらないのか?必要な圧とはどのような感覚なのか?腱や筋を伸ばすのではなくバンタを使ってセンを伸ばすとはどういうことか?等を解説し、実際にルーシーで自分の身体に触れることで適度な圧の加減を理解しそれがわかるようになるとセンを扱えるようになります。チャクラの役割や意味を理解した後は呼吸法で自分のバンタの使い方を練習します。チャクラがロックされた状態(のことをバンタと言います)とはどのような感覚なのか?を自分の中心軸(チャクラ)を使って習得します。呼吸法で自分の身体を緩めていく方法、ルーシーダットンで身体を緩めていく方法、最後にサードアイを使ってオーラを見ていく方法などを実践していきます。

チャクラとは何でどういう意味や役割がありどう使うのか?なぜ開きっぱなしではなくロックされた状態が好ましいのか?開きっぱなしとはどういう状態のことを言うのか?なぜタイ古式はサードアイの開花や宇宙と繋がることに重きを置かないのか?サードアイを使う感覚とはどういう感覚なのか?「仙人のポーズを取る」とはどういう状態のことを言うのか?どういうトレーニングを重ねれば気楽な自分でいられるようになるのか?タイ古式では「抜苦」という現象が起こるがどういうメカニズムなのか?等々これらすべては私が知りたかったことで、タイ古式をやる中で誰かや何かに教えてもらいました。いえ、もしかするとタイ古式の中に入っているさまざまな教えに自分で気づき学び取ったのかもしれません。

先生はよく「(生徒さんを)風の門の入口までは連れて行けるけど、その先を行くか行かないかはその人次第です」と言っていましたが、そーゆーことだったんですねぇ~。

つまり、自分の思いにエネルギーは乗ります!すべては自分次第。でも、現実世界は叶わない、実現できない、うまくいかないと感じることの方が多い、、、。しかしながら、自分の身に起こるすべてのこと(揺さぶりやお試し)は魂が成長を遂げるためのプロセスで、経験や気づきこそが与えらえるサティ(古代の叡智)でギフトなのです。それが理解できれば与えられるものを受け取り、与えられないものに関してはまた別の希望を持てばいい。一瞬落ち込んでしまっても別の視点よりその事を眺めてみると「すべては好い方向へと向かっていたんだ」というのが今(自分の足が地に着いている場所)より過去を振り返ればわかるハズです。

タイ古式マッサージは単なるマッサージではありません。私たちの生活に役に立つ、私たちの生活を支えてくれるお釈迦様のマッサージです。生きてること自体が苦行なのだから、時々自分から離れてそしてまた自分に戻っていくと心地いい気づきが沢山あるんですよ♪♪ そんなメッセージをお伝えしています!

地味でマイナーなタイ古式&タイ式ヨガですが、もし知りたいという方がいらっしゃればお伝えしますので、ご興味のある方は問い合わせて下さい。