タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

ロムに触れるタイ古式マッサージ

タイ古式マッサージにはこれといった決まりがないため、上手いとか下手という概念が存在しません。でもタイ古式を習う時「タイ古式が上手になりたい!」という思いや何かしらの目的を持っています。例えば「お客様に喜ばれたり選ばれる技術を提供したい」とか。で、その思いの中には「私や私の技術を認めて欲しい」という承認欲求が多少なりとも含まれていたりする(それがいいとか悪いとかそういう話ではありません)のでしょうが、その思いでいざ実践していくと「私は上手いのか?それとも下手なのか?」という価値観を自分の中で勝手に生み出してしまいます。しかしながら、受講前に先生には

「ナーブタッチ(一般的なタイ古式と区別するためにナーブタッチという名称で呼ばれています)は自分の思う通りにはなりませんよ~~。もし、お客様に喜ばれ、期待に応えるメニューを出したいのであれば、ナーブタッチではない別のメソッドを学ばれた方がいいですよ~~」

と言われます。でも、知っているのですよ。「この技の中には何かがある」ということを。だからこそ「その何かが何なのか?」を知るためにタイ古式をやり始めるのですが、タイ古式は目的や目標を達成するための役には立たないため「何かの正体はわからないかもしれない」と思いつつも、引き続きタイ古式をやっていきます。やらなければ先へとは続いていきませんし、、、。すると、知りたいと思っていたことが別の何かへと変わっていき「私はタイ古式の中に何があると思っていたのだろう?」となり「まぁ、いいのかな」というくらいの気持ちで日々を過ごしていくようになります。真面目に「結果を残そう」という心持ちでタイ古式をやっても、終わる頃にはその気負いが排除された場所へとひょっこり着地しています。ということは、ぶっちゃけ技術もセラピストの人間力も必要ないわけです。そもそも上手いも下手もないのですから努力してもしなくてもどちらでもいいですし「決まりがない」ということは「どれが正解なのかがわからない」ため努力のしようがありません(笑)。なので習ったこと、覚えたことをただやればいいというか、やるしかないのです。余計なアレンジやよそで学んできた何かを加えず、地味にシンプルにひたすらその時間を越えていけば、そのうちに型を使ってセンがわかるようになり「このタイミング」という感覚でニンをとらえ、とらえたニンよりロムに触れることができるようになるのでしょう。ただし「いつそうなるのか?」を知りたくなる欲が生じますが、そこにこだわる欲をロムがごまかしたりはぐらかしてくれます。で、そうこうしているうちに「タイ古式の中にある何かとはロムのことなのね」と気がつくようになるのですが、ロムと親しくなる前に真面目な人は色々なことを思ったり考えたりまたは不確かで「こうだ!」という手ごたえのなさに価値が見いだせず、なんとなくフェードアウトしてしまいます。

「私の伝え方が悪いのかもしれない」と先生に相談してみても「タイ古式はそもそも手渡せるものではないですからねぇ~」で終わってしまうため、これもまた「自分なりの伝え方を模索していけばいいということなのだろう」という風にいったん受け止めておいて、別の解釈やら他の答えとやらが向こう側よりやってきた時はそれを受け取っていきます。

このように、色々ごちゃごちゃ考えたり思ったりしながら答えが見つからないままタイ古式をやり続けているうちに私の生き方は変化していきました。そしてロムが何かがわかりかけてきた今のこの時点では、、、

タイ古式でロムが発動すると人や自分との距離感を図ることができるようになりますし、思う通りにならない時や「これ、いつまで続くわけ?」という先の見通しがつかない時のどうしようもないイライラやジリジリといったやるせなさをトーンダウンさせてくれます。思う通りにいかないことに絶望せず期待せず前向きに諦めて次の展開を受け入れていくための柔軟性やコンディションを作ります。部屋の窓を開けて空気の入れ替えをすると気持ちがいいように、心と身体の風通しをよくするとカラダの力が抜けていきます。緊張が強い方ほどタイ古式を受けた後はダルくなったりマッタリしますが、その後3日以内には心身共に健やかになり、その爽やかさは「次、また受けたいな」という時まで持続します!

おやおや、タイ古式は大した行いではなかったのでは??

頭ではわかりません。言葉や文章でも伝わりません。タイ古式は参加すること、実践することで自分なりの真理を自分ではない人と共有しながら得ていく行い(ヨガ)です。でも単純にタイっぽく「いいことがあるというからタイ古式を受けよう」でイイと思います。私もタイ古式が好きだから、ロムの感覚が好きだからタイ古式をやっています。他のことは何も要らない。ロムに触れることができれば心も身体も物事もすべてちょうど好い方向へと向かっていきます!

な~んて何の根拠もありませんし、本当にそうなるかどうかもわかりませんが、期待しつつ期待をハズしつつ、ただただ好きで私がいいと思っている技法をこれからもやります。※ちょっと今は家族のことでお休みしていますが、それが終わったら再開します☆