タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

エレメンタル

ある方が「龍神天照大神と繋がっているというヒーラーがいても僕には視えないしわからないからそれは単に彼らが作り上げたエレメンタルにすぎないんだよね」という話をしていて「エレメンタルって何ですか?」とソッコーで質問。「この世の中は人の思い(想念)が作り出す世界」という論理を示す波動のようだが、よくわからない。でもその方の話を聞きながら、ふとこんなことを思った。

「もしかするとここで書くマニアックなタイ古式マッサージの話(センやニンやロム)も私が勝手に創造したことなのだろうか?」

でも、何もかも自由でルールのないタイ古式マッサージで唯一先生に「タイ古式マッサージではイメージは使いません」と言われ、私はそれを実践してきたつもりで、それができているからこそサティが降ってくる。なおかつサティはお客様と共有できる。けれどもタイ古式マッサージは必要な方にしか必要とされず、必要のない方には特に意味のある行いにはならない。

だからこそ

タイ古式は私にとって何なのか?

タイ古式はお客様にとって何なのか?

ということを毎回確かめたい。

確認しなければわからないところがタイ古式マッサージ最大の魅力で、やればやるほどどんどん面白くなり、時間はあっという間に過ぎてしまう。

「時間」という観点より日々を認識しなくなると、さまざまな気づきがある。

10年くらい前に神奈川より沖縄に来たナイチ嫁、ママ友達のSちゃんが「沖縄の母」と慕うサイキックヒーラー(確か宜野湾のどあんとかいう占いのお店だった)の女性にお会いした時「あんた今日1日を頭にイメージして、その通りの生活を過ごしているねぇ?」と聞かれ「いぇ、そんなこと考えたこともありません」と答えると「セラピストとかヒーラーとしてはまだまだだねぇ」と言われた。その女性はまるでネイティブアメリカンのような雰囲気だったが、先日エレメンタルの話をしてくれた男性もめちゃくちゃネイティブアメリカンが好きな人だ。

いや、待てよ。今現在単調な日々を過ごしているせいか、ほぼ間違いなく1日のスケジュール通りの生活をしている。先ほど述べたようにタイ古式マッサージでも予測や予感というテクニックを使っているがイメージではない。最初はイメージのように思えるが、タイ古式をやり続けていくとそれはイメージではなくなり、自分の予測した通りに風の動きや流れが把握できて、風の門が開くとサティが降ってくるようになる。

もし、エレメンタルが自分の世界を作り上げていくのなら楽しいことを考えよう。心配や不安は横に置いて「なんとかなる」とか「なんとか乗り越えていける自分」を信じて目の前にあることを頑張ろう。ワクワクするエレメンタルを創造して明日の活力にしよう!

タイ古式マッサージは日々のあれこれを横に置くためのワークで苦しみを抜いて喜びを与える「抜苦与楽」な2人ヨガ。仏教の思想が組み込まれたお釈迦様の慈悲の行い。そういうことを知っている師匠に出会い、私もお客様の中にある純粋なエネルギーや慈悲の心に触れているからタイ古式マッサージが好きなのだ。何事にも何物にも捕らわれず自由気ままで時にはしたたかな風の感覚が好き。風を追いかけていると私も自由になれる。時空を越えて過去も現在もそして未来まで駆け抜けていくような不思議な感覚。そしてそれはイメージではありません。

「信じるな、疑うな、確かめよ」というヨガの格言をぜひタイ古式でご体感下さい。