タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

自分の意のままにはならないタイ古式マッサージ

いい加減なことは言えないし無責任にその場をしのぐようなことはしたくない。それに「あの人はダメだけどこの人ならいい」とかいう線引きもしたくない。私とタイミングの合うお客様をどなたでも気軽にご案内できるよう、占いの前にタイ古式をもってきた。タイ古式にはさまざまな側面があり、そこを取り入れているつもりだった。でも、心地よさや好い加減はいつの間にか戸惑いへと変わってしまった。となると、これから先も楽しくのんびり続けていくためには「気(エネルギー)」になってしまったことは解決しなければならない。タイ古式の中に組み込まれた「ここ(現実)から少し先を予測する技法」を用いて今を捉える。その後、ダイスを振ってみると冥王星が出た。苦しみを伴う破壊は再び復活するための必要な過程。あーー2019年のっけからパーソナルイヤー「9」の洗礼を受けている!って私の頭は完全に占い脳。こんなに占いが好きなのにどうして手放す必要があるのだろう?手元にあるタロットカードを見てると泣けてきた。私の相棒でいつも助けてくれたかけがえのないパートナー。カードを1枚引くたびにワクワクした。たとえ困難を示すカードや判断が難しいカードが出てももう1枚めくれば必ず着地点を示してくれた。今でも占いは好き。でも「今後も続けていこう」とは思えない自分が情けない。もっと自分がしっかりしていれば悩むことなどないのに。

昨日イベントで出会って親しくなったお客様と「『それくらいやり過ごせばいいのに』と大人になった私たちは思うのにねぇ」と話したけど、やり過ごしたり流されてばかりいると自分を見失ってしまう。別のお客様には「今は何かを考え行動すると言うよりも自分を大切にして休む時。ご自身の考えと行動を相手に伝え、調和させていけるようになるための転換期です」というサティを手渡すと「柔軟に物事を受け入れ、相手を尊重しているつもりだったけど、実は自分を押し殺しずっと我慢してきました」と話して下さった。なんだろう、この流れが繋がっていく感じ。タイ古式って本物のヨガだと改めて思う。

「もしイベントがヒマだったらタイ古式の後お客様にカードを引いてもらおう」とタロットを持参したが、結局使うことはなかった。

この記事を書きながら「今後占いとどう付き合っていけばいいのか?」に対しての好いアイディアが浮かんできた。タイ古式は常にベストをチョイスするのではなくベターを選択することをススメてくる。いつだって「今自分のできる範囲でやれることをやればそれだけでもう十分。無理をすると人生がつまらなくなってしまいますよ」と言ってくる。誰が言うの?私の考え?それとも私たちの頭の少し上にいる精霊たち?精霊は子供の心を持つ大人が大好き。喜怒哀楽がしっかりあって小さなことでも大きなことでも喜んだり怒ったりする自然体の人たちに寄り添い見守っている。

「あなたはとても面倒見のいい方で本当によくやっています」というサティを手渡したお客様は「『小さい男の子が3人もいて育児でほとほと疲れているのに、感謝の言葉のひとつもないお父さんに腹が立つし、何で私だけ、、、』と頭にきていたところです」と話して下さった。

タイ古式のサティはエネルギー変換をする有効な手段のひとつ。ワジワジー(沖縄の方言で頭にくる、腹が立つという意味)して頭に上がったエネルギーや腹部に溜まったエネルギーを心地よさへと変換する。それでもまだちょっと気になることが残っている時はタロットカードを引きましょう。ただしご質問は1つだけ。占いはほんの少しのエッセンス。大人の女性に必要な占いとはその程度。占いを主役にしてしまうと依存を引き起こす危険があり、残念ながら私はそれに対応できる器量は持ち合わせていません。私がいつも言っている通り、タイ古式は自分の思う通りに使えないことがよーくわかりました。なのでタロットカードは占い後のサービスとしてこれからも提供させていただきます。必要な方はご予約時に「タロットします」とお申し付け下さい☆