タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

波動とかエネルギーの話

今日は占いのことを書きます。

占いやセッションでもらう様々なヒントやアドバイスは自分のセンサーや軸で受け取るもので、自分が考えていたことと同じことを言われた時は「この考えでいいんだな」と腑に落ちていきます。で、私が考えたことのない発想をもらった時は「面白い!やってみよう!」とワクワクすることは取り入れます。逆に「え~、そうなの?何か違う」と思うアドバイスは「同意」ではなく「反発や反論」ですが、いずれにしても「気」になっていることは確かで、私自身が占い師さんに投影(他人を通して自分を映し出すこと)し、自分へと問いかけている事柄なのです。具体的に言えば「店の名前を変えた方がいい」と言われたのですが「それはやりたくないし、やらない。でももう少しロゴに工夫を凝らした方がいいのかな」と解釈しました。自分の中から生まれた陰の反応も陽の反応もすべてフラットへともっていきます。※タイ古式より学んだ考え方です

占い師さんによっては陰のエネルギーでリーディングを始める方、陽のパワーを用いて受け手の本質を引き出していく方がいて、得意や取り扱いやすい波動でセッションは行われます。互いのエネルギー間でのやりとりになりますので、他者に投影した自分自身の内側(陰陽)を見ていることになります。ごくたまにエネルギーをコントロールできる凄い人がいて、私にはその空気感がわかります(まぁ、そういう方はタイ古式は受けなくなりますけど)。なぜ受けなくなるのでしょう?答えはズバリ受ける必要がないから。でも、それってどういう意味?

タイ古式は型に守られていますので、自分の気を入れることもなければ相手の気をもらうこともないので、安心かつ安全です。その仕組みとは一体??技の解説についてはレッスンで行っています。ここには書けないことや書かないことも全部お伝えしています。