タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

中間に持っていくタイ古式マッサージ

東京ではよく歩き、歩いている間に色々と考え事をしています。いわゆる歩く瞑想ですが、先日行った美容室のスタイリストさんが「宣伝・広告を出さずにどうやって集客するのですか?」と不思議そうに聞いていたことをまた思い出してしまい「そうだよねぇ~どうするんだろう?」とつらつら考えていました。が!答えは見つかりません。というか、タイ古式と一緒で、一生懸命一点に集中し向かえば向かうほど目的達成は遠のいていきますので、答えは見つけられないのかもしれませんが、「時間の概念に縛られなくなると楽ですよ」と先生も言っていましたが、本当にそうみたいです。なんでこんなに気にしないのだろう?もう少し気にした方がいいんんじゃないだろうか、、、。いやいや、ブログにも書いているくらいだから実はとても気にしているのかもしれない。ケド、流れが来るまでは別のことをやっていればいいし、もしもこのまま不発に終わっても「東京に負けました」と潔く帰れば沖縄のお客様は笑って迎えてくれるはずって以前も同じこと書いていたぞ~。ただ、タイ古式マッサージはとてもいい技なので、心配ご無用。ダケド、、、最近あまりにも専業主婦でヒマでのんびりしていて、でもそんな毎日もなかなか充実していて楽しくて、タイ古式をやらない時はタイ古式が必要ない、つまり悩みも不安も気になることもさほどなく落ち着いているため、喜ばしいことでもあります。私の先生も週末しかサマディ(先生のお店です)にいません(他の日は師匠のお姉さまが施術しています)し、近々お店も立ち退きになるそうで、その後のことはまだ考え中と言っていました。相変わらずあーでもない、こーでもないと何も決まらず決めないまま過ごしていますが、実はそんな風にいられることこそがバランスのいい安定した状態と言えるのかもしれません。何も決める必要がないという現状維持。中間や真ん中の立ち位置はタイ古式マッサージで作り上げた軸です。プラスでもマイナスでもないゼロ地点がちょうどいい私の居場所。この場所を目指さず、気づいたらいつもここにいいる、と後から気づくような自分でいたいです。