タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

古代の知識より作られたタイ古式マッサージ

2年前の11月15日にこのブログを書き始め、それ以降私の知っているタイ古式について綴っています。

10年前、「タイ古式の役割や必要性がわからない」という摩訶不思議な状態からタイ古式をやり始め、当初はお客様に気に入ってもらえないことも多々ありました。私のタイ古式はマイナーかつマニアックですし、期待しても期待通りにはいかなかったため、中途半端で不完全燃焼のまま、時をやり過ごしてきました。頭や心にどんな嵐が吹き荒れようと、翌日には何事もなかったようにご予約を受け続けました。すべては風の向くまま、気の向くまま。流れに任せ、結果を受け入れていくだけです。それでも時には期待することもあり、期待通りにならなかった時は「また次に期待しよう!」と思って続けてきました(笑)。技はコントロールできないのでタイ古式が上手いも下手もありませんが、「風に触れる」という行いに関しては、経験と知識が必要となります。でもこの経験と知識はすべて自分自身で探してきました。ある日急に「お、なんだこれは!」という今までとは違う現象が起こり、その度先生に質問&確認。「先日あんなことがありました、こんなことがありました」と面白すぎる不思議体験に大興奮!

「なんでこんなに面白いの!!」

それ以降はもう全然飽きません~。よくわからない時期を耐え忍んだ後は「もう知らない!どうでもいいや!」という落胆や開き直りの時を経て、よくわからないことをそのまま受け入れ、ようやく私の頭は空っぽとなり「空」が見えてきたところで真理が手に入り、技が自分のものとなりました。

なのでもう「どちらでもない」とは言えませんし「どちらでもいい」とも言いません。

風を扱うタイ古式マッサージは身体の症状の改善にも有効ですし、ストレス解消にも効果的です。過去のトラウマや前世の記憶の書き換えなどが必要な時は霊性が働き、よく眠れない人はぐっすり眠れるようになり、便秘気味の人はお通じがよくなります。病気や疾患を抱えている方は治療と併用してタイ古式を受けると効果が出ると聞きました。本国タイではタイ古式は伝統医療として認められています。すべては精霊(ピー)がもたらすギフト。変化を起こすためには60分では短すぎますので、タイ古式単体でのご予約は90分、120分、180分になります。あと、できれば2回は受けていただきたいです。2回受けて「合う、合わない」をご判断下さい。

タイ古式マッサージの効果は型ではありません。ストレッチや指圧は大して必要ではなく、改善や緩和のカギは「風(ロム)」です。施術者に求められることがあるとするならば「風の質をどれだけ知っているか」です。身体に触れればどのような風が動くのかがだいたいわかります。身体が重たくてもそれはその方のエネルギー質量の問題で、タフで慈悲の行いをしている方は肉体的疲労が蓄積されていても風はよくまわります。逆に足が軽く身体が緩みすぎている方の場合は、、、(詳しくはスクールでお伝えしています)。

症状の改善には個人差はありますが、そこそこやほどほどの「好い感じのコンディション」には持っていけます。

ぜひお試し下さい。