タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

タイ古式マッサージで冒険

無難なタイ古式マッサージをするとつまらないタイ古式になってしまいます。無難にとはお客様に受け入れてもらえそうな感じにするとか始まる前に聞かれてもいないのに不要な情報を伝えてタイ古式のイメージを定着させようとしたり、とか。このブログもまさにそんな感じで、私の主観が入っている上に色々矛盾もありますので、テキトウに読んで下さい。※そろそろ終了しようかと考えています。

タイ古式がどういうものかがわからない間はさまざまな思考や感情が交差してワケがわからなくなり、無難な当たり障りのないタイ古式になりがちです。 タイ古式マッサージにはルールもなければ「ここがセンです」という確かな場所もわからず(72,000本もあるのに!)、圧の加減もはっきりしないので、最初の数年は自分でも何をやっているのか不安になります。

本当にこれでいいのか、合っているのか、正しいのか、どっちなのか、誰か教えて欲しい!

このようなちょっとした心の動揺から一般的なタイ古式をやってみようと試みると、絶望的に下手でまったくセンスがなく、無難なタイ古式に近づけようとすればするほど、ナーブタッチの技ははく奪され、風は遠のいていきました。技の2極化や使い分けはできなかったため、ナーブタッチとしてのタイ古式でお客様に喜んでもらえるよう、諦めて仕方なく日々練習を重ねてきました。「よくわからないまま」といういい加減なのか不真面目なのかという曖昧やテキトウさの中で、はがゆさやもどかしさをすり抜けながらここまできました。

よくわからないことをどう受容してどう折り合いをつけていくのか?

どうすれば自分の技法をお客様に気に入ってもらえるようになるのか?

本当に悩みますが、そこは自分で見つけていくしかないし、流れに任せていくしかありません。風の門の入口までは先生に連れてきてもらいましたが、その先を行くか行かないかは自分次第。自分のやりたいタイ古式をやるためには無難を飛び越えて進むしかないのです。

でも、このテキトウさを切り抜けるチカラは実生活でも大いに役に立ちました。

実家のこと、子供たちのこと、夫との衝突など、色々な問題がありましたが、結局は自分の気の持ちようで、わけがわからない間を待ち、答えが出るまでさらに待ち、いつまで待てばいいのか終わりがこない長い待ち時間をひたすら待つための気晴らしや気分転換としてタイ古式をやってきました。なんとかなると信じ、なんとかするという実際の具体的な行動に移せる自分になれたのは、全部タイ古式で鍛錬されたおかげだと思います。そんなこんなを通り抜け、あらゆるしがらみから解放され、人生でこんなにヒマな時を経験したことがない!というくらい東京ではスローに日々を暮らしていて、誰かや何かの制限や規制で将来を悲観することもなく、一般的な常識や世間体などが存在しない環境で自由気ままに過ごしていると、子供達にも私にも変化が起こりました。

結局すべて〇〇〇なんだ、、、。

この気づきこそが私の財産。

タイ古式をやるとどんな気づきが内側からやってきて、どんなサティが外側から降ってくるのでしょう?

押して伸ばして足して引いて、その時の風の流れに自由自在に同化するタイ古式マッサージで、お客様の今ちょうど好いコンディションへと持っていきます。半覚半眠の瞑想のような感覚で時を越えて今必要な場所へと着地します。

もうつまらないタイ古式マッサージではなくなりました!

ぜひお試し下さい☆