タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

やってもやらなくてもいいタイ古式マッサージ

タイ古式マッサージの事を書くブログ

占いのことを書くブログ

日々の様子を書くブログ

3つもブログを書いている私はヒマだなぁ~と思いますが、先日タイ古式仲間と3人で練習会をした時

「こんなのんびりした生活してていいのかな?」と〇〇さんも笑っていました。

タイ古式は人の内側にある風を探す技法です。風は関節と関節のすき間に存在していて、触れていると心地よさがやってきます。タイ古式を繰り返し行うことで、さまざまな種類の風を知るようになりますが、最も深い部分から渦を巻いてやってくる深層の風が近づいてくると、身体の症状の改善が起こり心もクリアーになります。浅い風でも全身をまわすことで痛みや不具合が軽減されて心身が軽くなります。でも施術する側のセラピストが結果や結論を求め「まだかまだか」と風を意図的に動かしてしまうと、逆に不具合が生じます。穏やかにおおらかに風を待っていられれば、大きく激しい動き(集めた風が散っていく現象)が起こり、やがて静かに消えていきます。

「待つ」って具体的にどれくらい?

感覚はその人次第ですから、実際にタイ古式をやる中で風と仲良くなりながら、待つ時間を探していきます。※技術習得についてはスクールでお伝えしています

ご予約がなくても焦らずのんびり待つことも自己鍛錬?

売上ないのにのんびり過ごせるのかな?

タイ古式マッサージはやってもやらなくてもいいものなんですよ~」という先生の言葉にきっとナゾを解くヒントがあるのでしょう。

やっても好いしやらなくても好い!

どちらも好ましいなんて素敵!?

まだまだ謎を解く旅は続きます。