タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

思考や欲をそこそこにするタイ古式マッサージ

昨日の夕方那覇空港に着いて、帰宅するなり全力で店内の掃除をし、20時半より最初のお客様をお迎えしました。いつもブログのヘッダーやフライヤー、名刺などのデザインでお世話になっているMさん(ウェブサイトは別のデザイナーさんです)のタイ古式マッサージをやりながら、あれこれ打ち合わせ。

「う~ん、どうしよう??」

まぁ、色々課題はありますが、そのうち「どうするか」という部分は思いつくハズなので保留。ってかいつも保留、常に保留。

「やっぱりタイマッサは最高ですね~」とMさんご満悦でご帰宅。

「フフフ、これでMさんには『素晴らしいデザインがひらめく☆』というサティがやってきて、国立サロンの新しい名刺やフライヤーもバッチリだわ」

そんな私の下心、いえ純粋な欲を風の精霊は叶えてくれることでしょう。

タイ古式マッサージを受けるといいことがある」なんて理屈も根拠もございませんが、信じられるならばその通りになります!!

そんな不思議な魅力満載なタイ古式マッサージの怒涛のご予約は明日から本格的に始まります。が!しかし、台風が接近しているではありませんかっ。自然には逆らえませんので、今後の進路を見ながら必要な場合は皆さまへご連絡いたします。

私達は自然の流れが巻き起こす現象で常に「どうすればいいのか?」を考えさせられ、学ばされ、教えられているような気がします。

タイ古式マッサージもその時やってきた風に遅れてついていくだけです。風の質が変わるのをひたすら待つだけ。

自然に吹く風も人の身体を巡る風も同じ仕組み。

タイ古式は風を「動かそう、変えよう」と思考を働かせず「コントロールしようという欲」を諦めた時、初めてヨガ(ゆぐ、繋ぐ)となり心と身体にさまざまな変化が巻き起こります。

自分で言うのもナン(難?)ですが、タイ古式マッサージがとても上手です。私にはこれしかできませんので、天より与えられた仕事や使命だと思って真面目に取り組んでおります。もちろん与えてもらえるように私が求めたのですけど。

「もうダメだ」と心底とことん諦めて、でも絶対に諦めずにここまできました。

口伝伝承の最古のタイ式マッサージを皆さまに手渡せるよう、これからも地味に頑張ります。