タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

繋がりを感じるタイ古式マッサージ

昨日参加したイベントでお客様が途切れた時、なぜだか急に孤独感に襲われた。

このにぎわった空間の中に「久しぶり♪」と声をかけてくれる友達もいなければ知り合いもなく、知らない街の知らないイベントで私はひとりぼっち。

心細く寂しくなっていると、午前中のお客様がお友達を誘ってイベントに戻ってきて下さった。

タイ古式マッサージ、よかったから連れてきたよ♪♪」

なんてありがたいことだろう。偶然にもお客様のお友達は私の財布と同じブランドのバックを持っていたため、「私もそのバックと同じ柄の財布、持ってますよ」という話題から会話は始まった。聞けば沖縄が好きで何度も遊びに行っているそう。

離島のこと、沖縄アルアルな話、国立生まれ国立育ちの幼馴染のお2人のこと、美味しいイタリアンのお店の情報など、話は尽きない。たった今出会ったばかりなのに、まるで昔からの知り合いのように懐かしさが込み上げてくる。そういえば今日はホームページを見てわざわざお越しいただいたという方がおふたりと、私のタイ古式を習ってみたいという方にも出会った。そんなことを思い出していると、さっきまでの孤独感がウソのように消えていった。

なんだろう、この間違いない感じ、、、。

イベントの主催者の皆さんもとてもよくして下さった。人見知りなので自分から話しかけに行くということはしなかったけど、出展者の皆さんも素敵な方ばかりで「また参加したい」と思うようなイベントだった。今度は占いをやってみたいな。タイ式フェイシャルも面白そう。でも私はやっぱりタイ古式マッサージにするだろうなぁ。

「ありがとうございました。またお会いしましょう」

幼馴染のお2人にご挨拶。きっとまた会える。すでにお会いしている方々とはこれからも繋がっていくだろうし、これからお会いする皆さまはきっとナーブタッチを探し当てて私の元へいらして下さるだろう。

これは間違いなくご縁だ。

タイ古式マッサージのナーブタッチという技法が繋げてくれるご縁。

すべては偶然ではなく必然。

そんなスピリチュアルイベントっぽいサティ(気づき)が降ってきた。

このイベントで過去世から繋がっている「約束の人たち」に出会えたのかもしれない。

それくらい強烈にタイ古式マッサージの視えない引き寄せを感じた。ナーブタッチで繋がっていく方々とは共通の学びがあり、何か特別な意味がある。難しい哲学やヨガ経典のことなどは知らないし、釈迦の存在はこの時代のこの世にはないけれど、私が出会うお一人、お一人の中にお釈迦様の慈悲の心が宿っていて、私はお客様を通して釈迦の真理に触れているのだ。釈迦のありとあらゆる側面を私は自分の手を通して受け取り、それらはお客様の生まれ持っている本質だということをご本人に手渡していく。私は「ナーブタッチ」という技法を用いて、会話をしなくともお客様の頭や心が感じていることやお身体の状態を知ることができる。皆さま一様に「なぜ、そんなことがわかるのですか?」と不思議がる。ということは、おおむね当たっているということなのだろう。でも、私自身に霊能力があるワケではなくナーブタッチという技法に霊性が宿っていて、おそらくそれを我欲でコントロールしないトレーニングができた者には扱うことが許されているのかも。そのための修行をいつの間に知らないうちに積んできたのかもしれないけれど、はっきりとはわからない。

どちらでもいい

風は自然要素のため予測不能でコントロールできない

ナーブタッチは私利私欲のためには役に立たない

こんな時もあるしあんなこともある

はっきり「こうだ」と言えることなど何もない

それらのことでやってくる迷い、戸惑い、苦しみ、悲しみ、絶望、孤独、嫉妬、憤り、怒りなどというありとあらゆる感情を忘れ、何事もなかったかのようにスルーしていくことで「自由」という果てしなく広い宇宙の曖昧な定義の中でも自分の軸(自分が自分で在ること、愛を受け取り表現すること)を確立し、タイ古式をやる間は私のその軸(バンタ)が人々に必要な事柄を手渡すために機能するのかもしれない。

ワンネスや悟りなどというものは探し求めなくとも身近に存在している。それにただ気がついていないだけで、どこにでもどの空間にもあるのだ。

帰宅して今日の出来事を子供達に話す。

「母ちゃんはいつもおおげさだな。でも楽しかったみたいだし、よかったね」

優しい人たちに囲まれて私は幸せだとしみじみ思う。