タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

現実的な決断をするためのタイ古式マッサージ

今月はもみほぐし専門店でバイトする日々を送っておりました。強モミや刺激がお好きなお客様の80~90分のマッサージに入ると指も腰も痛くなり、クタクタに疲れていたのですが、早い段階で攻略法(笑)を見つけました!!

背中や臀部は肘でツボを深く長くゆっくり押していきます。寝息やいびきが聞こえてきて「もっと強く押して!」と言われなくなったら、下肢は型でセン(神経)を伸ばしていく「ナーブタッチ」に切り替えます。すると、お客様はタイ古式マッサージと同じ半覚半眠の状態になり、仰向けも引き続きセンを伸ばすために有効な型をやると時間はあっという間に過ぎていきます。首やヘッドの頃には決まって魚の呼吸「プハー」がきて、お客様は完全に寝落ち~。終了後は「強い指圧の方が好きだと思っていましたが、これはこれで気持ちいいですね」というご感想をいただきます。沖縄では女性専用サロンでやっていましたが、ナーブタッチは男性の方にも合うようです。

次々と新しい発見があり本当に面白い☆

全然大変ではなくなり、こんな楽しいことをしてお金がもらえるなんて最高☆と思いつつ、バイトと並行してサロンのための物件も探してたのですが、またとない好物件に出会ってしまい、迷う、迷う、悩む、悩む、、、。でも、今回は見送りました。一歩踏み出すのではなく、思いとどまることを選択。どちらも勇気のいる決断です。一方、バイト先も近所で楽しかったのですが「ストップ」という流れがきたので、今月(今日)で終了です。私はやっぱりタイ古式マッサージ(ソフトナーブタッチ)がやりたい!!なので、落ち着いたら再度働ける場所を探してみようと思っています。自分の活動はレンタルルームにて様子を見つつ、また良い物件に出会えたらその時にどうしていこうかを考えます。これから先、店を借りてやるかもしれないし、バイトしながらダブルワークの傍らレンタルルームでの活動で終わるかもしれない。けれど、どちらでもいいのです。「タイ古式マッサージができればどこでもいいいし何でもいいや~」と気楽に考えてみます。