タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

仏教の教えの入ったタイ古式マッサージ①

生きることで生じる苦しみ

病気の苦しみ

老いの苦しみ

死の苦しみ

お釈迦様は4つの門をくぐり、これらの苦しみを解決しようと修行の旅へ出たと言われていますが、現代を生きる私達にも同様の苦しみや悩みがあります。でもタイ古式をやり始めてからは「苦しみを苦しみと受け止めずに生活していくことも可能なんだな~」ということを少しずつ感じるようになりました。タイ古式をやると上昇したエネルギーが下へと降りていきますので、頭で考えていたことが静止します。自分の考えていたことをいったん忘れ、自分を少し離れた場所より客観視することができるようになります。師匠曰くこの感覚は瞑想の一種で、タイ古式マッサージが持つヨガ的要素のひとつです。タイ古式でエネルギーをスローダウン、トーンダウンさせながら「気楽に生きる」ことを学び実践していくことで、日々をなんとな~くやり過ごしていけるようになりました。