タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

タイ古式マッサージへの道回想録その② 女性専用サロンの立ち上げ

昨日、久しぶりにお友達のオウチで180分のタイ古式マッサージをしました。

「あーまだ終わって欲しくない~ けどもうこんな時間なの!?」

ホント、タイ古式マッサージの時間はあっという間です。90分も120分も180分もほんのひと時でその時限りの時間。逆に60分は90分や120分より短いのに長く感じてしまうので不思議。いい意味で時間の概念を覆してくれます。

タイマッサの時間は本当の自分を感じます。「本当の私はこうなんだ」ということを思い出します。でも、実際の現実ではありのままの自分でなんていられません。本当の自分を出せないことの方が多いし、正直に言えないことや嫌なこと、やりたくないこと、でも我慢してやらなくちゃいけないことも沢山ある。立場やしがらみなど、ややこしいことも多いしで、日々生活していると色々ありますが、そんな日常のあれこれを少し横に置いて、心と身体の風通しをよくすれば、また頑張れます。ただし「やれることをできる範囲で」。そんなシンプルなことさえ忘れてしまうくらい、毎日一生懸命。でもタイ古式を受けるといっぱいいっぱいな自分が軽くなる。で、時々はっとするような気づきがどこからともなくやってきます。その一瞬はっとするようなことはサティという気づきとか叡智と呼ばれるもので、風の精霊が運んできてくれるお釈迦様からのメッセージ!?しかも自分だけ、自分のためだけに用意された特別なものです。

私自身、辛いこと、悲しいこと、苦しいことがあった時、タイ古式をやれば心が穏やかになり、優しい自分になれました。だから私はタイ古式が好きですし、皆様にお試しいただきたいと思っています。

私はずっと本物の技を探し続けてきました。日々を一生懸命に過ごしている女性の皆様が、ふと肩のチカラを抜いて他愛もないおしゃべりをしてリラックスできるような場所を作りたい。そんな私の真面目な熱い思いにタイ古式マッサージは答えてくれましたが、熱すぎる思いや余計な思考は風が吹き飛ばしてくれるので、安心です。人の念が入らないところもタイ古式の特徴の1つで気に入っています。

ただその時だけを通り過ぎていく風のように、そっと寄り添い、そっと離れていきたい。つかず離れずが心地いい。そんなスタンスのセラピストで在りたいと思っています☺