タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

外側の世界

タイ古式マッサージは受けた人を外側の世界へと送り出してくれます。センを通して内側の世界へ入っていくのかと思いきや、外側へと広がっていきます。時間や空間を越えた神秘的な場所へとワープします。でもそれはイメージではありません。半覚半眠の状態はイメージと現実の中間の場所で、頭ではなく触覚を軸にして視える世界です。見える世界ではなく触れられる世界。でも深く入り込むのではなく、ある一定の場所まで行くとまた離れていきます。それを繰り返すことで心身のバランスを調整していきます。

答えは内だけではなく外にもあります。

タイ古式は外の世界へと向かえるように内側を調整していきます。自分の内側が整えば恐れることなく自由に外の世界へと出ていけます。バンタ(チャクラ)がしっかりとした軸になると「自分は自分でいい」と自然に思えるようになります。誰かに何かを言われたとしても感傷的になることなく、それは単に意見の相違や視点の違いだと思えるようになります。自分が何者であるかを理解し、自分の考えや思いを受容し、それを表現することで満たされると同時に、共感と共鳴で繋がる誰かや何かへと広がっていきます。

自分の内側にある無限の可能性を生かせるのは外の世界です。

ただ持ち続けているでけではどこにも繋がりません。外の世界には自分の内側を満たしてくれるさまざまな素晴らしい景色が広がっていきます。めんどくさがらず、おっくうがらず、好奇心と遊び心で外の世界へと出かけていけるよう、タイ古式で自分の内側の世界を整えていきます。

ではタイ古式マッサージがどのようにバンタ(チャクラ)を整えていくのか?

よもやま話の中にヒントいえ答えがあります。たわいもない雑談の中に「自分は自分のままでいいんだな」という答えがあります。

では話をしないでただ横になっている場合は?

タイ古式の型とセンそして風の作用がバンタを整えます。タイ古式は指圧とは言えない弱い圧でセンを押し、伸ばし切ることのない微妙なストレッチで身体を動かしていきますが、その不思議な感覚(ナーブタッチ)が頭に上がったエネルギーを身体全体へと回していきます。

※強い刺激を求める人には何とも言えない中途半端な不快感が襲ってくることもあります。

内側の世界と外側の世界を繋ぐナーブタッチというテクニックを使ったタイ古式マッサージをぜひお試し下さい☆