タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

なるようになるし、なるようにしかならない

もしも運命は「なるようになるし、なるようにしかならない」のならば、物事の流れは自分で創り出しているようで実は流れがあるのだと思います。もちろん自分のやりたいことの目的を達成するために考えたり行動することはとてもいいことですが、強い思いはエゴや執着や支配欲へと変化する危険性もあります。

実現したい

手に入れたい

思う通りに動かしたい

という気持ちは別の見方をすれば「現状に満足していない」ということで、この強い感情を静止や制止させるためにタイ古式マッサージは作られました。

タイ古式をやると自分の欲やエゴが強くなるとその部分に軌道修正が入り「そこそこやほどほどな場所」へと着地します。先のことを今考えたとしても「なるようにしかならない」のなら、「向こうからやってくる流れに柔軟に対応できる自分を作っておこう」というスタンスで十分なのだと思います。タイ古式の観点より物事を見ると「何かを変えよう、変えたいと思わず『現状満足でいられること』が幸せってことなのだろうな~」と個人的には思います。

私の場合、穏やかな日常に子供たちが揺さぶりをかけてきます。しかも「魂からの揺さぶり」で本気の攻撃(笑)。私の物の見方を変えてくれたり、新しい発想や価値観を教えてくれる尊敬できるツワモノたちです。平成生まれの彼らが創る流れに置いていかれないよう、タイ古式で軌道修正&自己鍛錬の日々です。