タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

売上と集客その⑤

店舗を借りて本格営業を始めた年は「好きなことを仕事にしたい!」と必死でした。好きなことで収入を得るために、試行錯誤しながらさまざまなことにトライしました。でも、どんなに手技を学びメニューを増やしてみても、いつまでたっても何かが足りなくて、その「足りない何か」が埋まることはなく、悶々としていた時にタイ古式マッサージに出会いました。でも残念なことに「これいいかも☆」を見つけた喜びと好奇心はどんどん不安や懸念へと変化し、自信もコレと言った信念もなくたとえ信念を持ったとしても、それがどんどん打ちのめされていく中で「好きなことで収入を得る」ということをいったん諦めました。「今いただいているご予約が私の実力で現実」ということに納得し、受け入れていくと再び「好きなこと」と「収入を得ること」がどんどん近づいてきてひとつに融合しました。この経験はタイ古式で体感そして習得できる慈悲喜捨の「捨」です。「捨」は観念。観念とはあきらめて状況を受け入れることです。自分の理想を捨てて現実へとシフトしていけば、今度は自分の思いや望みが向こう側よりやってきます。自分の内側にある望みや願いをかなえていくのではなく、自分の外側から望みや願いが叶えられていきます。手技で言うと押して引く。シンプルですが身体に広がるセンというエネルギーラインより相反する2つのアプローチを繰り返していくと、思考と感情と身体がひとつになり、ちょうど好い場所へと着地します。

私はこれからも現状満足、現状維持を目指します。でも、もし別の流れが来たら、その流れを受け入れていけるようになりたい。風に乗ってきっと今よりもっと柔軟にやっていける気がします。

「風のように自由に気ままに流れるままに」

私の理想で憧れです。でも、完全ではないそこそこやほどほどの世界、理想に限りなく近い「今」が自分の立ち位置で、私のちょうど好い場所です。