タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

バンタ(チャクラ)について

先日のタイ古式のレッスンで「チャクラとは何か?」についての資料を読みなおしてましたが、ここにも少しまとめてみます。

 

「チャクラ」とはサンスクリット語で「車輪」を表す言葉で、人間の生命や肉体、精神のはたらきをコントロールする、非常に重要なエネルギー(中国では「気」、古代インドでは「プラーナ」)の出入り口のこと。

主要なチャクラは、背骨に沿って7つあり、外界と体内の気のエネルギーの交換を行う。ここを出入口にして、外界から体内へ、また体内から外界へと、それぞれのチャクラから、「気」(プラーナ)のエネルギーが、らせんのように渦を巻いて出たり入ったりしている。

第1チャクラ(生殖器と肛門の間)

生命力、パワー、安定、情熱

第2チャクラ(丹田

感受性、情緒のバランス、セクシャリティ

第3チャクラ(みぞおち)

自信、不安、エゴ、個性、理性、責任感、解放

第4チャクラ(両胸の間)

慈愛、希望、信頼、喜怒哀楽の感情

第5チャクラ(喉仏の下)

意志、知識、創造性、判断力、表現力

第6チャクラ(眉間)

知性、精神の成熟、直観、超感覚

第7チャクラ(百会:頭の頂点)

宇宙・神との一体感、超能力

1~7のチャクラが開いているとキーワードにあるような感覚が正常に働く。チャクラは身体の部位や器官、臓器とも関連している。

 

 

タイ古式で扱うバンタ(チャクラ)は3つです。風がバンタを通り抜ける時は息苦しくなったり、ムズムズしたり、身体のあちこちに痛みの感覚が生じることがあります。※辛くて耐えられない場合はセンや風の門を変えますのでどうぞご安心下さい。

①ムーラバンダ(肛門)
「ムーラ」とはサンスクリット語で根、原因、基礎、足元という意味で3つの中で最も重要なバンダ。膝の調整よりムーラバンタに働きかけます。

②ウディヤナバンダ(お腹)
下腹部にあり内臓と関わりの思い(感情)に深いバンタ。腹部の調整で風の門を開きます。

③ジャーランダバンダ(喉元)
思考に働きかけます。腕や首の調整で発動させます。

触覚を軸にあらゆる感覚でバンタの動きが確認できます。バンタの調整ができたかどおうかはタイ古式を受けた後のお客様に起こるさまざまな変化でわかります。この技法はタイ古式特有の技法だと聞きました。でも、バンタを動かそうとしても私の意志で発動させることはできません。症状改善などある目的を意識するとそこからどんどん離れていきます。タイ古式マッサージは意識を集中して自己に近づくのではなく、意識を外側へと向けて自己を見つめる行い(ふたりヨガ)です。