読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

陰と陽の波動

心と身体は陰と陽の波動が半々で、波動はマイナス(月)とプラス(太陽)を行ったり来たりします。ということは、両極端又は相反する価値観である「在る」と「ない」は同時に存在していて何かがあれば何かはなくて、何かを失えば同時に新しい何かを得ているのでしょう。「自分の中に何かが足りない、何かが欠けている」と感じるならば、それは「自分が考えていること以外の別の何かが自分の中にはあって、別の何かを持っている」ということになります。

何かを捨てたり諦めたりしても、又新しい何かが入ってくるので、タイ古式でやってくる「はく奪」はとても良いことです。しがみつかず、執着せず、いったん切り離してみると、新しい何かが見えてきます。ようやくはく奪の意味が私に近づいてきて、それを理解できるようになりました!

ヒントや答えは常に近くにあり、それに気づくか気づかないかだけのことなのかもしれません。

「マイナス(陰)とプラス(陽)が押し合ったり引き合ったりしながら、心と身体のバランスを保っている」

タイ古式をやるとそのことがわかりますし、数字の法則も同様のことを伝えてきます。心と身体がなんとなく軽くなるメカニズムはタイ古式の技法にすべて組み込まれています。シンプルですが奥深い技法です。どなたがご一緒に心と身体の神秘の旅へとでかけませんか?

タイ古式の実技で心と身体の陰と陽の仕組みを学びます→タイ古式のスクーリング

数字の神秘から陰と陽の波動を知りたい方はコチラ→数秘術講座

※どちらの講座も実際にタイ古式や占いセッションを受けていただいた後にご検討下さい。