タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

努力して諦める

タイ古式を受けると自分の現実や現状を知ることができます。それを踏まえた上で自分のできること、やれることが見えてきます。ということは、現実を見たくない、知りたくない人には不向きなワークと言えますが「必要だと思う人」にしかこの技は手渡せませんし、タイ古式はやる人や受ける人を選びます。でも受けても受けなくてもどちらでもいいものです。なんと矛盾した内容なのでしょう!でもその矛盾した感じに慣れてしまえば、はっきりしないことを気にしなくなります。

私はタイ古式で何度も何度もぎこちない空気や場が持たない感じをやり過ごしてきました(笑)ので、タイ古式の持つ独特な曖昧さが気にならなくなりました。タイ古式をやると、開き直るズーズーしさやテキトーさが身についてきます。人の目を気にしたり、人の意見に左右されるような感じは柔軟性へと変化し、諦められないことに対しても別の視点を持てるようになり、自然と諦めていくようになります。

タイ古式のことがわからない、上手くできない、上手くいったのかいかなかったのかよくわからない、(お客様に)受け入れてもらえたのかそうでないのかがわからない、自分が何をしているのか自分でもよくわからない。

圧はこれでいいのか、センの伸ばし方もこれで本当にいいのか、今のこの感覚は想像上の風なのか本物の風なのかその区別がつかない、など言い出せばキリがないほど沢山の「よくわからない」を越えてきました。

「よくわからないことはよくわからないままで受け入れる」

我ながらよくぞこの歯がゆいトレーニングに耐えて、頑張ったなと思います(笑)。何度もやめようと思い、何度も諦めようと思いましたが、諦めずに努力したからこそこの技に近づくことができました。

その一方でさまざまなことを引き算し、諦めて捨てていくことで技が私に近づいてきてくれました。

で、結局努力するべきなのか?諦めるべきなのか?

おそらくどちらも大切です。できることはやるし、できないことはやれませんが、タイ古式に飽きたり、嫌いになることはありませんでしたし、その可能性を今もこれからも信じ続けていけると思います。

タイ古式をやるとちょいちょい面白い出来事に遭遇します。それにつられて今日もタイ古式をやりました。何度やっても面白い。毎日やっても飽きない。という訳で、明日も引き続きタイ古式をやります!