読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

不具合が生じます

時々、タイ古式をやると調子が悪くなるお客様がいらっしゃいます。ですが、タイ古式の手技自体はソフトタッチで強い刺激はなく安心安全ですし、数日経過すれば不具合は落ち着きますのでどうぞご安心下さい。とまぁ、なんとも曖昧で説得力のない説明ではありますが、風が引き起こす現象をコントロールすることはできません。タイ古式は不調の改善にお役に立つ時もあれば、まったく意味がない場合もありますので、受けるか受けないかはお客様のご判断にお任せしています。

しかしながら、この現象はタイ古式をやるセラピストにとっては大問題です。

「お客様の為に」と思ってやっていることが逆にお客様を不快にさせてしまう場合もあるとは一体どういうことなのでしょう??普通にそう思います、ハイ。やる側の心構えや心積もりはそれなりにあるにはある(レッスンでお伝えしています)のですが、それらを意識したからと言って不具合が起こる可能性を回避できるワケでもなく、そういうことが幾度となく続くとセラピストは心が折れてしまい「もうこれ以上タイ古式を続けられない、お客様に提供できない」と面白みややりがいをなくしてしまう方もいますし、辞めてしまう人もいます。私も何度も折れそうになりましたが、その度にその場面をやり過ごしてきました。風の流れがコントロールできないということはタイ古式をある一定の目的には活用できないということで、支配と依存の関係は成立しませんので、定期的に通う必要もなければ、お客様も私も結果を出すことを目的とすることもありません。そういう意味ではやる側にはとても優しい技法と言えます。とにかく、タイ古式のセラピストはどんなことがあってもとにかく続けていくことが大切で、そのうちにどんなことがあってもそこに執着しなくなりますし、タイ古式を受けた後のお客様のご感想があまり気にならなくなります。

タイ古式って何だろう?サティって何だろう?

と考えながら、今日もタイ古式をやりましたが、相変わらずわかっているようでわかっていなくて、でもやるとわかることが増えていくのですが、そのわかることもその時限りなのでまた次もやってみたいと思います。本当にタイ古式マッサージって面白い☆

自由気ままな風に振り回され、一緒に遊んでいます。