タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

売上と集客2

「自分がいい!」と思うセラピーやメニューしかお客様には伝わりません。ですが、タイ古式の場合、その良さや効果をうまく伝えることができません。タイ古式は変幻自在で自由な発想を持つワークですから、定説がないというか説明や概要は不要なのかもしれません。でも「情報を発信して実際に受けていただきたい」という自分の思いは捨てられないので、折り合いをつけるためにブログを書いています。

私のタイ古式は風が主役で、風ありきのタイ古式です。でも風はコントロールできる存在ではありませんので、すべては風まかせ。よって「集客や売上」というご予約状況も風にまかせています。ということは、自分の責任やプレッシャーが少ないので私も気が楽です。とまぁ、タイ古式を提供する私はこんな感じですが、お客様もまぁまぁな冒険心や遊び心をお持ちです。お客様のご期待に添えるかどうかは毎回やってみなければわからない(お金や時間が無駄になってしまうリスクもあります)にもかかわらず、コンスタントにご予約をいただいております。お客様によってタイ古式を受ける理由や目的、ご感想もさまざまですが、運命的な出会いをされた方には長いスパンでご利用いただけるセラピーとなります。ということは「風にまかせてしまえば間違いない」ということで、キャンペーンを打ち出したり新しいメニューを出したりという「新しい何か」に取り組む必要がありません。先日、エステサロンを経営しているお客様が「店の広告を出しても出さなくても売上は同じ」とおっしゃっていましたが、なんとなくわかるような気がします。そのお客様は試行錯誤を繰り返し「諦めることと諦めてはいけないこと」がはっきりと定まったのだと教えて下さいました。

私がいいと思うセラピーを受けて下さるお客様がいらっしゃる。

セラピストとしてこれほど幸せなことはありませんが、これも自然な流れで風もまた自然な流れを持つエネルギーです。タイ古式は「受けたいな」と思う時とそのタイミングの合う時に受けるのが1番効果的です。