タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

タイ古式はヨガの仲間です

タイ古式でセンを伸ばして緩めて、風を集めて散らして、を繰り返していくと、今この時のちょうどいい心と身体の状態へと導かれていきます。タイ古式の風を扱う技法や私の意識がちょうどいい場所を探していきますが、私の近くには常に精霊の存在があり、精霊の導きや手助けによって今在るべき場所へと導かれます。ただし、どこへ導かれていくのかわかりません。その時のタイ古式が心へのアプローチとなるのか、身体への揺さぶりとなるのかはやってみないとわからないのです。私自身が現実の世界で旅に出る時は目的地を定めます。でもタイ古式では自分の意志や思いが定めた場所とはかけ離れた場所へと誘導されます。タイ古式で出かける内側の旅の終着駅は「執着」という意識や感情から離れた場所。自分の思考や感情から自由になると、心も身体も楽になりプラスもマイナスもないフラットでニュートラルな「本来の自分自身」へとより近づいていき、自分の現実や現状が把握できるようになります。自然治癒力が働いて余計な感情が振り落とされていくと身体も軽くなります。タイ古式が「慈悲喜捨の行い」と言われるその理由が、思考ではなく感覚で理解できるようになります。そしてその状態こそがグラウンディングで、タイ古式マッサージがヨガの仲間であることの証です。