読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ古式マッサージのマニアックな話

本当のタイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

純粋なエネルギーに触れます

「そういえば先日知人の○○○さんにLUNA SUN CHI を紹介したけど、来てた?」

「う~ん、わからない」

「わからないって何よ?普通名前くらい聞くでしょ」

昨日の友人との会話ですが、私は予約時にお客様のお名前はお尋ねしません。もちろんお住まいや連絡先、年齢、職業、家族構成といった個人情報もほとんどお聞きしません。タイ古式マッサージでお客様に内在する風に触れると、あらゆることがわかるので必ずしも表の情報は必要ないのです。

先日のブログでも紹介した「タイ式マッサージ ~タイ伝統医療の理論とテクニック~」という本の中の1節に「風は体の機能にも影響を及ぼしますが、思考や感情といった心の動きを調節し、5感で経験したあらゆる思考や感情を心身に反映させそれに応じた反応を表に出します。」とあるように、もしその時、お客様の身体の不具合の軽減が必要ならそのようになるでしょうし、心を軽くしたい、軽くした方がよさそうな場合は風がそのように導いてくれることでしょう。私は風が安心、安全で信頼できる存在だということをお客様にお伝えしていきます。風を含む4大要素とは長年付き合っていますので、彼らのことはよく知っていますよ。その4つの要素はお客様自身の中にある純粋なエネルギーとも言えます。人間ですからその純粋さがプラスやマイナスに傾くこともあるでしょうが、そのような場合はなぜそうなっているのか、どう軌道修正すればいいのかがわかれば納得できると思います。

施術者側には技のレベルがあります。まずは風の感覚を理解し、風と友達になれれば火、水、地も変化していきます。どんな時にどんな変化をもたらすのかを実践で学びます。もしもある種の目的(早く上手くなりたい、早く症状改善に導く技を身に着けたい)を持っている場合は「その目的は必要ありませんよ」と教えられます。「余計な思考は持たず、好奇心や遊び心で風と付き合うように」と見えないマスターから諭されます。タイ古式をやる時の心積もりや向き合い方は私よりうんと先を歩く師匠から学びます。授業の中で師匠より風の存在やサティが現存していることを見聞きします。今私が歩んでいる道を師匠も歩んできたのですから、師匠は常に私のよき理解者、よき指導者です。そうこうしているうちに、いつの間にか自分の気持ちに変化が起こります。欲や目的を忘れ「タイ古式が好きだからタイ古式をやりたい」と思えるようになります。その変化の後は、タイ古式をやると自分のバンタ(チャクラ)や5感(触覚、視覚、聴覚、味覚、嗅覚)が活発になります。自分とお客様との間に共感と共鳴が響き合うようになり、この瞬間のお客様の状態を感じ取り、その状態に有効な型やセンがわかるようになり、症状改善へと繋がるようなタイ古式マッサージへと進化します。ここまで来たら「サティ」という空の入口の存在からのメッセージはもうすぐそこです。ウインドチャンネルが開かれるとどんな世界が広がっているのでしょう?タイ古式マッサージのセラピストとなった醍醐味を堪能できる瞬間です☆