タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

4大要素

タイ古式マッサージを用いて自然界の4大要素(火、水、風、地)に触れることができます。それらはイメージではなく、具体的な感覚で現れます。火は熱感。体中が熱くなると筋肉のハリが柔らかくなります。その後汗をかくなどして水(涙や鼻水が出ることもあります)が流れます。リンパ液や血液が循環すると関節が緩みます(風の現象)。冷たさやは風の性質でふわりと浮く軽やかさやしなやかさもあります。地は重さの変化を感じます。上に上昇したエネルギーが下へと降りてくるため、頭が軽くなり下半身が重くなります。古代インドのアーユルヴェータやチベット伝統医学では4大要素に「空」を入れて5大要素となりますが、タイ古式の概念では「空の入口」までは行けると言われています。「空の入口」まで行くと、プラトゥーロム(深い風、崇高な風)が発生し、息苦しくなったり身体をバタバタと動かしたくなるような衝動にかられます。プラトゥーロムがバンタ(チャクラ)を開き、SENを通して全身をまわると徐々に息苦しい感覚はなくなり、心地いい感覚でゆっくり静かに着地(グラウンディング)します。ピンガラー回路より頭に上昇した風がイダー回路を経由してらせんを描きながらグルグルと足元へと降りていきます。タイ古式マッサージは私達が本来持っている感覚を呼び覚ましていくための技です。