タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

三私無

東京に行くと必ず神保町の原書房に立ち寄ります。狭い店内で一冊、一冊、興味のある本を手に取ってパラパラとめくり、内容と金額が合う数冊を一か所にまとめておいて、最後にその中から厳選した数冊を購入します。私はタイ古式と占いのサロンをやっていますが、占いは古い書籍(昭和4、50年代)を参考にしています。しかも、チャート表や難しい計算のいらない極めてシンプルな算出法でなければダメです。悩みも答えも突き詰めていくと結局はシンプルです。タイ古式を受けると「なんでこんなことで悩んでいたのだろう?」と思えますし、悩み事に対する解決策、方向性、ぶっちゃけ答えもお客様の中では既に決まっていることの方が多いので、占いも「やっぱりそうだよな~」とお客様ご自身が納得いただけるよう、少し後押しをする程度です。

今回は4冊購入。ヨガの本1冊、仏教の本1冊、数霊術の本2冊、合計7000円也。数秘の本2冊は飛行機の中でサッと読みました。熟読ではなく、ナナメ読みする程度を何度も繰り返します。その本の中の「三私無(天、地、日月)」という言葉が気になったので後日調べてみると

天に私覆(しふく)なく、地に私載(しさい)なく、日月私照(ししょう)なし。

天は万物を覆って、特定の個人のみを覆うようなことはせず、地は万物を載せ、一人のみを載せることはしない、日月は公平に万物を照らし偏ることがない。天地日月はすべてに公平無私なことを言う、とありました。

なるほど。そういうことを踏まえた上で今後もタイ古式マッサージと占いをやっていこうと思いました。LUNA SUN CHI 月と太陽と大地⇔天。ある日急にひらめいた店の名前にはこんな深い意味があるんですね~。私のアースナンバーは「9」ですから、激しく納得。自分なりの真理とは生活の繰り返し、つまり生きることで少しずつ学んでいくのですね☆ ま、すべて自己満足の世界ですが、足るを満たすことは心地いい行いだと思います!