タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

心地いい風に変換してくれるタイ古式マッサージ

よく「その決断と行動力すごいよね」と言われたりしますが、そんな決断や行動をしなくてもいいならしないでいたい、、、。枠から外れて他とは違う独自の道を行くなんて本当は苦手。でも「これが私の与えられた?課題なのだから仕方がない」とわかっているのか、そう思い込んでいるのか、、、。

「仕方がないから」とガッツリ開き直って割り切る意地も自信もなく、宙ぶらりん。今までならこんな心持ちの時はタイ古式マッサージをやっていたのに今はそれもナシ。今まであったものがなくなると心細い。ケド「物事にはタイミングや流れがあるのだから」などというベタな考え方はしたくないので、タイ古式以外のことで今回のはく奪を乗り切ろう(笑)。

「困った時のタイ古式マッサージ」という私の概念はなくなってしまった。

あーあ、変なことに気づいたなぁ。タイ古式マッサージをやっていると自分の観念を持っていかれる。また1からタイ古式マッサージを探していかなくては。めんどくさい楽しみが増えたなぁ(笑)。

本当は苦手な決断と行動も、タイ古式のおかげでなんとかやってこれたし「先が知りたい、答えが欲しい」という焦りはなくなったものの、今はお金の不安や心配に翻弄されて疲労困憊気味。そんな人間らしい自分を立て直すために大して役にも立たないタイ式ヨーガをやっている、、、。でも実は「役に立たない」は思い込みで「役に立つ」も思い込み。本当はどちらなのかを確かめたい。自分の執着や欲を鎮めるためのタイ古式マッサージ。だけどこの調子だと今のこの考えもいつかなくなってしまうだろう。思考や心はコロコロ変化するので、信用しない方がイイ。では一体自分の何を信じればいいのか??魂からの決断と行動を信じる、魂からの決断と行動なら信じられる。本当の自分の思考や感情を見極めるため、自分に近からず遠からず、外側からも内側からも見つめていけるタイ古式マッサージタイ古式マッサージは単なるリラクゼーションではない。その役割は無限大で受ける人によって変化したり、塩梅される。型も工程も時間配分も自由だし自分で決めてもいいのだけど、本当のセンや風を知ると技の中身や質が変化する。私の習得したタイ古式マッサージブッダを中心に形成された仏教僧集団サンガの筆頭医師とされるシヴァカのものではない。小さな寺の名もないの僧侶の霊性によって生まれたタイ古式マッサージ。そんなマニアックな話も衝撃だけど、小さな寺の名もない僧侶から派生したタイマッサは、普通でいたい私が普通から外れてしまい不安で心細い時を支えてくれる。自分が安全だと思っていた枠をどんどん壊して広げて「枠から抜け出しても大丈夫」ということを教えてくれる。これからはどんな時に役に立つようになるのか?私のタイ古式マッサージはどんな風になっていくのか?期待と好奇心でワクワクするけど、期待は裏切られてしまうし、自分の思う通りになどいかないのだから、欲も執着もほどほどやそこそこに。そんな過大にも過小にもならないフラットなトーンは私が望む普通の状態。タイ古式をやっていると普通でいられる。それは決して思い切った決断と行動ではなく「今必要なちょうど好い選択なんじゃないの?」という風が吹いてくる。頭と心と身体全体で「大丈夫」が体得できるタイ古式マッサージ

タイ古式マッサージって実はそういうものなのです。

繋がって開く

rulu.hatenadiary.com

自分に与えられた役割と自分のやりたいこと(ライフワーク)がわかると「~~のために今は何をどうすればいいのか?」ということだけに集中するようになります。ありとあらゆる過去を経て「私はこれから先こんな風に生きていくんだな」と、運命や宿命という流れを受け入れていくと、上と下とを結ぶ回路が開き、喜びや希望あふれる明日や未来が開かれていくのでしょう。

「私はきっとこんな風に生きていく」

タイ古式マッサージを通してお客様の中にどんな風が吹いているのかをお伝えしていくことが私のやりたいライフワーク。

ちょっと手助けが必要な家族をサポートする、は私の与えられた役割。

ご予約がない時は家族に集中する時

ご予約がある時はお客様のため、自分のためにタイ古式マッサージをやる時

忙しい時ものんびりした時も私の軸は変わらない。

今朝そんなことに気がつくと、繋がって開き開いて繋がりました。

補佐的な役割を担うタイ古式マッサージ①

タイ古式マッサージでは病気の治療はできませんので、「専門的や本格的」というようなことはぜひ病院や整骨院へ行かれて下さい。タイ古式マッサージは時間のある時の息抜きや気晴らしといったリラクゼーションです。さらに「首や腰の痛みはここがこうでああだからこうなのです」という解剖生理学的な見解を示したり「症状の原因を分析して解消や解決に導く」といういわゆる結果を出すような技法ではなく、逆にそういう思考から遠のくためのものとなります。なのでもし施術者が「タイ古式で何かを成し得よう」と意識すると、とたんに技が本来の技としての役割を果たさなくなります。タイ古式マッサージに何かを期待してしまうと、期待通りにはならない上に、自分の期待(目的や信念など)を奪われてしまう「はく奪」に遭遇します。タイ古式は気功と違い自分の思う通りにエネルギーを扱ったりコントロールすることはできませんし「なりたい自分になるために自分を整える」というヨガ的ワークとも異なりますので、施術者は「期待できない技とどう向き合っていくか?」を常に問われます。頭だけで考えるとタイ古式をやる意義を見出すのは難しいかもしれませんが、施したり受けたりすると理由や理屈が排除された「やっぱりタイ古式はイイ!」がわかるハズなので「Don't think,feel」が実感できます。ただし施術者がセンや風のことを知っていなければ心地いい感覚は手渡せないので、日々実践していくことが大切です。考えながらも「考えてもどうにもならない」を繰り返していくうちに「どちらでもいい」という「間違いない境地」へとたどり着きます、たぶん(笑)。

占いができるタイ古式マッサージ

国立での営業は明日から、だと思っていたら今日でした( ゚Д゚) 

国立サロン初のお客様はお2人でのご来店。タイ古式で身体からの情報をお伝えした後、数字とカード占いで具体的に聞いてみたいことにフォーカス。身体も心も楽になってスッキリ☆です!

タイ古式マッサージって不思議。私自身、自分のやっていることに迷いがなくなると技がどんどん本物になっていきます、と調子に乗るとはく奪に合うのでほどほどにしておきますが、私も含め本日の3人は同じライフパス、同じガイドナンバーを持つソウルメイトさんでした。出会ったばかりですが、魂レベルで心が通うお仲間さんです。お2人の身体に触れているともう「6」の数字しか浮かんでこなかったらやっぱり「6」でした~。

店の様子はてぃーだブログにアップしたのでぜひのぞいてみて下さい。

lunasunchi.ti-da.net

 

 

タイ古式マッサージご感想のお礼

その昔、私にはタイ古式マッサージの結果や効果にこだわっている苦しい時代がありました。「師匠のように症状改善がやってくるタイ古式マッサージをやりたい!」と思っていましたが、その願いや望みは叶いませんでした。何度も書いているようにタイ古式は自分の思う通りにはなりません、、、。

私「なぜ私には先生のようなタイ古式マッサージができないのでしょうか?」

宮城先生「僕のようにならなくてもいいのですよ。そのうちに上原さんには上原さんのタイ古式マッサージができるようになりますから」

私「う~ん(納得していない)。症状改善がやってくるタイ古式になるためのヒントを教えて下さい」

先生「『風を少ない所に集めたり多い所の風を散らしたりすると症状改善の渦が巻き起こる』とお師匠さんは言っていましたよ」

なるほど。意識を風に向ける、か。つまりタイ古式マッサージは結果や効果を期待せず、考えない練習をするトレーニングということ?いや、自分の考えや思いとは違うことや別のことを考えなさい、ということなのかもしれない。いやいや、おそらく触覚を軸に「考える」を「思考と感覚」で同時に行う、ということだろう。

例えば

お客様とおしゃべりしながら風に触れる、とか

おしゃべりがない時は静かに考え事をしながら風に触れる、とか。

すると少しずつ 「Don't think feel 」というブルース・リーの格言の境地に近づけるかも☆

では具体的に「風」とは何だろう?浅い風と深い風とは?イメージの風を掴む人と本物の風を掴む人の違いは?それができるかできないかで症状改善がやってくるか否かが決まるのかもしれない。つまり結果や効果が出ないということは本物の風に触れていないということで、じゃあどうすれば本物の風に触れることができるのだろう??

タイ古式は慈悲喜捨の主に「捨」の行いだから思いを捨てることができれば与えられる。では、思いを捨てるために何をどうする?

結果や効果を求めず純粋な子供のような好奇心と遊び心を持つこと。

風を信じること。

「風に触れている」という自分を信じること。

努力して報われなくても気持ちを切り替えず持ち続けたまま次の努力をすること。忘れようとしないこと。焦らず先へ行こうとせず今を過ごすこと。自然にとかいつの間にかという時まで待つこと。無理はせずそのままでいること。

ってか、めちゃくちゃ色々考えてるけど、大丈夫?

タイ古式マッサージの謎解きで学んだことは多くありますが、夏季営業の時に皆さまからいただいたご感想を読んで、私にはお客様と一緒に作り上げてきたタイ古式マッサージがある、ということに気がつきました。

ご感想をいただいた皆さま、書けないものを書いて下さり本当にありがとうございました。そしてその時間はもう終わってしまったのでご感想は載せないことにしました。また皆さまと「今この時のためのタイ古式マッサージ」ができるようにこれからも頑張ります!