タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

タイ古式でシンフォニーが聞こえてくる説

先日、夢を見ました。

夢の中でもタイ古式をやっていて、センを伸ばして押してと調整しているうちにクラシックの協奏曲のような音が滝のように流れてきて、すると次は外からゴミ収集車のメロディが聞こえてきたので慌ててゴミを持って外へ飛び出しました。それにしても夢の中でもタイ古式だなんてどんだけ好きなんだろう?私はこの仕事、中断することはあっても辞めないだろうなぁ。そういえば先週Aさんが「首の調整の時いきなりクラシック音楽が脳内で流れ出しびっくりしたけど、今までで一番身体が楽になった」と言ってたっけな~。

ミヤギ先生のタイ人のお師匠様は聴覚タイプで風の流れをシンフォニーで捉えるそう。ミヤギ先生は触覚タイプで身体から数センチ離れたところからでもセンに触れられるそう。私も先生のようになりたいなーー。という訳で今年最後のご予約も頑張ります! 

現実は地味です

タイ古式で起こる変化は上昇ではなく下降です。

彼氏が欲しい

結婚したい

収入をアップさせたい

お金の悩みを解決したい

ネガティブな感情をポジティブにしたい

などwant や demand が軽くなるという変化。

良い方向へと変化することを期待したり、良い方向へ変化したと思い込んだり、良い方向へ進み続けなければいけないという思いや考えが静止します。

そもそも良い方向ってどこ?

風があなたに寄り添いながらあなたのために揺さぶりをかけます。

でも、劇的な変化は起こりません。

魂が求める純粋な欲のために必要なことは地味に地道に少しずつ着々と。

時間もかかるし、時間をかけている間にいつの間にか別の道を歩いている、なんてことも。

と書いてしまうと面白くありませんが、正直です。

目的があり、目標があり、達成することが成功で到達できなければ失敗?

いやいや

失敗を失敗や不幸だと思わない自分になればいい!

思っていた目標が達成できなくても道は他にいくらでもあるのだから大丈夫。

日々コロコロ変わる感情に翻弄されず、頭の中に浮かぶ妄想をスルーしながらやり過ごせるようになれたらどんなに楽でしょう。

タイ古式はそんな自分、気楽な自分でいられるためにここに在ります。

いい加減、好い加減、良い加減なゆるくてやさしくて慈悲深いお釈迦様のマッサージ。

テキトウでいいというか適当がちょうどよいのです。

私の知る波動の存在

私が触れる風の感覚は触覚を軸に視覚、聴覚、嗅覚、味覚へと繋がったり広がったりしていきます。風の精霊は私達より少し上に存在する波動で高次の存在ではありませんので、特定の具現化された存在(龍神様、天照大神様や歴史上の人物やご先祖様)とは異なるため、私自身が偉大な存在とチャネリングやコンタクトを取ってメッセージをお客様へと降ろす、ということはありません。ただ、お客様のお身体より龍神様を感じたり、お亡くなりになられた身内の方を感じたりということはありますが、それもサティの一種です。

風の精霊は純粋で遊び心があって繊細で恥ずかしがり屋でまるで幼い子供のようにお茶目な存在です。風に触れると純粋さを感じますので、タイ古式の時間は心が清らかになり、心地いい感覚になります。お客様とのおしゃべりの中でさまざまな出来事をシェアしながら、非日常的な現実を体感しています。

母親業

私は子供たちから物事を教えてもらうことが多いのですが、特に長男は面白いなぁと思います。彼はヒマを潰すのがとても上手ですし、楽しいことを考えたり行動に移すことも得意なように見えるのですが、本人は「それほど楽しくはない」と言い、その楽しくない状態でも何かを大きく変えることなくそのまんま過ごしています。父親にはその生活態度や習慣が「怠けている」とか「遊び呆けている」風に見えるようですが、在るがままのその日暮らしは「焦らずゆっくり将来を模索中」とも言えます。タイ古式をやるようになってからは物事をひとつの方向で見ないようになり、いえ本当の意味でサードアイが開いたせいか、以前とは物の見方が変わりましたが、昔は子供の個性や良さを今のようには理解できませんでした。

私の子供たちは「みんな違ってみんないい」ではなく「みんなと違うとはじかれる社会の構図」に「言ってることと実際が違うんだけど、なんで?」と私に問いかけてきます。親の矛盾、大人の矛盾、学校や社会の矛盾を色んなカタチでしかも全力で訴えてきます。その度に「私に何ができるだろうか?」を考えてきたせいか、私は一定の集団のルールや秩序を守りながらも自由でいるコツを学びました。

根拠のない自信で無責任に子供たちを信頼することに依存せず、幼く経験がないゆえの判断に小言を言いつつも彼らがそれを聞き入れてくれないことを忘れ、忘れてしまえば苛立つことなく時をやり過ごすことができます。さらに「理解のある母親」を演じないよう、自己犠牲を自分に強いないよう、嫌だと思う事ははっきり伝えながら、でも基本的には子供たちを信頼し、そして私も彼らに信頼してもらえるようこれからも関係を築いていきます。家族とのやりとり、つまり私の人生のテーマに沿って生きることでタイ古式の神髄へと少しずつ近づいていると日々感じています。

四大要素とタイ古式の役割

タイ古式は自分自身の中から湧いてくる妄想(不安や心配)をセッション、セラピー、カウンセリング、コーチングといった手法ではなく、身体を使って和らげていく技法です。頭や心が受容(水の作用)している、又は上昇(火の作用)している波動を拡散(風の作用)させ、中和したバランスのいい状態へと降ろして(地の作用)いきます。

身体の中のセンより風(拡散の作用)の働きを用いて思考や感情へと揺さぶりをかけ、全身を整えていきます。思考や感情を身体へと共鳴させながら3つを1つに繋いでいきます。不安や心配から解放されると身体が楽になり、それが体感できて初めて思考と感情と身体は繋がっているということが理解できます。

エネルギーが下降しグラウンディングした状態を保つと徐々に妄想にとらわれることはなくなっていきます。

これこそがタイ古式の役割で私がお客様へと手渡したい哲学です。哲学といってもヨーガスートラなどの難しい仏教経典の解釈とかではなく、修行しなくても苦行しなくても普通に日常にタイ古式を取り入れることで、自分の中の悩みや苦しみが中和や緩和されるということをお伝えしたいのですが、この感覚は頭で考え言葉で手渡すことはできません。

タイ古式は慣れないうち(思考が働く場合)は手渡しが難しいのですが、やり続ければ思考や感情が静止し、マインドフルネスの状態で型(お客様の身体を動かす)をやれるようになります。2人で行うヨガですので受ける側もやる側もグラウンディングしていきます。バンタ(チャクラ)が活性化され地に足が着くと自分を信じられるようになり、自分を信じられるようになると直観が働くようになり「このひらめきは自分の思考ではなく上からのメッセージ」ということがわかるようになります。