タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

どっち?

思いを尊重した方がいいとか捨てた方がいいとか一体どっちなの??ズバリどちらでもいいと思います。貫きたいと思うならそうすればいいし、辞めた~と思えば辞めてもいい。でも案外「どちらでもいい」が苦手は人は多い気がします。私もそうです。特に子供たちとのやりとりでは彼らの意見を尊重するべきか、親として毅然とした態度でいるべきなのか、本当によくわかりません。優しくしたり許したりすると「甘やかしすぎは将来のためにもよくない」と言われるし、厳しくすると「トラウマになる」とか「余計に反発する」と言われる。なのでいつも「~~すぎない」ように注意しているのですが、その分岐点やさじ加減が難しいし、考えすぎるとさっぱりわからなくなってしまうので、私はタイ古式で自分の考えや思いを少し横に置くようにしています。彼らが成長するのをタイ古式をしながら気長に待つ、待てる自分を作っています。イライラとハラハラが過剰にならないよう、身体からのアプローチで思考と感情をリセット、リリース、リラックス。タイ古式をやると、わからないことをはっきりさせる必要もなくなり、わからないことはいつかわかるようになるかもしれないのでその時が来るまでそのまま。単に問題を先送りしているようにも思えますが、進むべき方向性や可能性はゆとりや余裕や隙間や余白からふとやってくるので、私はそのふとした瞬間をいつも待っています。とにかく、焦らない、惑わない、不安を持たないようにタイ古式で静止と制止。とても効果があります!

自分の思いを尊重する

自分の考えや意思を貫くことはとてもいいことで後に貴重な経験や財産となります。

でも、、、

自分の思う通りにならなかったらどうしよう

時間やお金や気持ちをロスしたらどうしよう

失敗したらどうしよう

という感じで、行動を起こす前は色々考えてしまいます。が、どの決断をしてどう動いても人生は続きますし、さまざまな選択肢が用意されていますので、本当は心配したり不安に思うことなどないのです。失敗したり間違えたと感じたのなら、単純に予定を変更すればいいのではないでしょうか?「自分の思いや考えていることがその限りではないし、すべてでもないのね」と気持ちを切り替え、別ルートで新しい目的地を目指してみるのも楽しいかもしれません。でも過去に嫌な思いをしたり、苦い経験があれば先に進むことが怖くなってしまいます。ということは、過去の出来事を解消したり、忘れてしまえばいいと思います。タイ古式を受けると忘れっぽくなります(笑)。過去の解消をしようとして逆にそのことを思い出し、トラウマが再び、、、などという危険性もありません。なぜならタイ古式の時間に過去の出来事や自分の問題点にがっつり向き合ったり話したりすることはなく、仮に話したとしても数ある話題の1つとして取り扱われます。さらにタイ古式をやるとなんとなく笑いも出てきて、過去の出来事が大したことではなかったかのように感じます。そして「これからも、この先も大丈夫」へとシフトチェンジされます。思考や心を扱わず身体からの回路を使って思考と心へ揺さぶりをかけていきます。

タイ古式は古くて新しいエネルギー変換方法です。風、水、地、火の精霊が遊びに来て私達に寄り添います。直接見ることはできませんが、身体の変化でそれらを感じます。外に出て深呼吸すると心地いい風が吹いてくる感覚と同じような感触を身体の内側に感じます。とても不思議で面白いので、ぜひお試し下さい☆

 

 

古代のタイ古式マッサージ

タイ古式をやる時間は雑念だらけで、私は頭の中にある日々のやるべきことや気になっていることを整理しています。「お客様に触れてお身体を動かす」という自分の思いとは関係のない行いをしながら、つらつらと考え事をしています。又は雑談をしながら手を動かすこともあり、お客様とのおしゃべりの中にふと「気づき」が降ってきます。今抱えている悩みのヒントや今後の方向性が固まっていきます。悩みや心配事が「大したことではない」に変換されます。「私の悩んでいることは何だったっけ?」とそれ自体を忘れてしまうことも多くなりました。

身体のセンより風を動かすと、自分の本質や根本に触れることができます。この仕組みを図式に書いて説明することも可能(レッスンでお伝えしています)です。私が探している真理をご予約の時間に外側(お客様からのアドバイス経験談など)から受け取ると「なるほど」と思いますし、お客様もご本人しか知りえないようなことを私より再確認すると、思考と心と身体で納得するとグラウンディングしていき、足が地に着きます。思考や感情ではなく「身体から自分を知る」という非常にユニークな技法は古代のタイ古式マッサージ特有の技法です。身体のエナジーライン(セン)が人の内側と外側とを繋げ、共鳴や共感という振動が働くと「サティ」となります。サティが働くと不思議な現象が起ります。視えるものも視えないものも見えてきますし、食べ物(主に今お客様が摂取するといいようなパワーフード)の味もしますし、臭いでエネルギーを感じることもありますし、音の振動でメッセージを受け取ることもあります。触覚を軸に視覚、味覚、嗅覚、聴覚といった感覚へと導かれます。センは外側の大宇宙と小宇宙(内なる自分)を繋ぐ経路で、大宇宙と小宇宙とがひとつに繋がっていきますし、タイ古式をやると繋がっていくことがわかります。

タイ古式マッサージって不思議で神秘的!!

セン(エネルギー回路)を知り、4大要素(風、水、火、地)へ触れることができればどなたでもサティ(古代の叡智)を受け取ることができます。時々、空(くう)を感じることもあります。空は過去性や亡くなった人の波動かな?と思います。この辺りは言葉や文章では説明が難しいので、タイ古式の実技と実践にて技の手渡しをしています。

何かの目的を持たず、的を外し、視線をずらして物事をみてみると、今まで見えなかった面白いことに気がつきます。それは目的を達成したり、対価を受け取るということとは質の違うギフトです。

身体からのエネルギーライン、センより「風」に触れていく古代のタイ古式マッサージをぜひお試し下さい☆ 

助けてもらっています(^^♪

ご予約の時間はさまざまな職種のお客様にお会いします。皆さまそれぞれのお仕事や役割を果たしながら忙しくお過ごしですが、日常の合間のリラックス&リフレッシュとしてタイ古式を取り入れていらっしゃいます。

タイ古式マッサージ仏教の思想を持つ行いですので、お客様とのやりとりの中に今まさに私が必要としていた情報や答えのヒントがあったり、「なるほど」と腑に落ちるアドバイスが降ってきます。その道のプロと言えるご職業のお客様より「こうした方がいいのでは?」という知恵を分けて頂いています。自分の思考や感情だけだと自信や確信が持てないことも、お客様とのおしゃべりから生まれるアイディアは信頼できます。自分で意図的に考えて何かをひらめいていくのではなく、向こう側から知恵を受け取っていく感覚は2人ヨガならでは!?そんなこんなで私はいつもお客様に助けられているのですが、賢者の方々にお会いするのもタイ古式マッサージの特徴のひとつかな、と思います。

もしも「神様」という存在や波動があるとするならば、神様は私の外側から内側(自分自身の思考や感情)へと語りかけてくれているような気がします。私の感覚では神様(古代の叡智)は自分の内側に在るのではなく外側にいます。自分の考えや感情はコロコロと変わるため信用できませんが、外から内へと働くチカラは信頼できます!

「求めよ、さらば与えられん」はその通りかもしれません。上と下、左と右など互いに共振、共鳴し合う相互作用ってあるかも☆ やっぱりタイ古式マッサージって面白い☆

この不思議な感覚をぜひご体感下さい。

思いを捨てる

タイ古式マッサージは慈悲喜捨の主に「捨の行い」です。私は今までこの「捨」の現象は「ひとつのことに執着せず『どちらでもいい感覚を身についていくためのもの』」だと思っていたのですが、「どちらでもいい」ではなく「絶対」という信念を貫くための「捨」もあることを知りました。

つい先日「なんか違うんだよな~」と思いつつも決断できずにいる問題がありました。そんなある日、ふと思考も感情も吹き飛ばしてしまうほどの強い意志が働き、魂からの決断をしました。しかしながら、その方向へと向かうためには諸問題を解決しなければなりません。なのでこの事柄に対するいっさいの責任を引き受ける覚悟を決めました。

覚悟を決めると物事は動き出します。

何かをアテにしたり、誰かに依存したり、ひとつの考えに固執してしまうと、自分の弱さ(不安や恐怖)に支配され、次々に苦しみが生まれてしまいます。なので、その苦しみから逃れるためリセット、リスタートを切りました。不思議なことに、今回の件に関して軌道修正は入らず、むしろ後押しされているかのごとく、物事が動き出しそして静かに終息を迎えました。

人生の岐路に立つことや自分の思う通りにはいかない「はく奪」に遭遇することは、「本当の自分に近づくチャンス」なのだと痛感。今回の一件で自分の感覚が思考なのか、感情なのか、魂からの叫びなのか、がわかるようになりました。魂からの決断は思考のようにパッと答えをひらめいたりはしません。感情の乱れからくる「とにかくここから今すぐ逃げたい」や「すぐに解決したい」にも作用されません。焦らず待てる自分でいる時、待ってる間にじわじわと考えや思いが固まっていきます。つまり冷静さや客観性が身に付けば、何をどう決断し動けばいいかがわかるようになり、私の場合、その待てる自分はタイ古式を日常に取り入れることで作られていきます。

タイ古式マッサージは「心の問題は心では解決しない」という教えのもと、心理学やセッションなどで思考や感情に向き合うのではなく、身体からの回路(セン)より思考や感情に働きかけていきます。

今回の出来事を通して、勇気や好奇心は不安や恐怖を越えていけると確信しました。なので、これからも自分の思考や感情を信頼せず、どんどん固定概念を捨てて、気楽で身軽な自分でいたいと思います。焦らず気楽にのんびりと。いい加減は良い加減&好い加減。

タイ古式を受けると面白くて楽しい時間になること、間違いなし!!

ぜひお試し下さい☆