読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

努力して諦める

タイ古式を受けると自分の現実や現状を知ることができます。それを踏まえた上で自分のできること、やれることが見えてきます。ということは、現実を見たくない、知りたくない人には不向きなワークと言えますが「必要だと思う人」にしかこの技は手渡せませんし、タイ古式はやる人や受ける人を選びます。でも受けても受けなくてもどちらでもいいものです。なんと矛盾した内容なのでしょう!でもその矛盾した感じに慣れてしまえば、はっきりしないことを気にしなくなります。

私はタイ古式で何度も何度もぎこちない空気や場が持たない感じをやり過ごしてきました(笑)ので、タイ古式の持つ独特な曖昧さが気にならなくなりました。タイ古式をやると、開き直るズーズーしさやテキトーさが身についてきます。人の目を気にしたり、人の意見に左右されるような感じは柔軟性へと変化し、諦められないことに対しても別の視点を持てるようになります。というか「諦める」を受け入れていけます。

タイ古式のことがわからない、上手くできない、上手くいったのかいかなかったのかよくわからない、(お客様に)受け入れてもらえたのかそうでないのかがわからない、自分が何をしているのか自分でもよくわからない。

圧はこれでいいのか、センの伸ばし方もこれで本当にいいのか、今のこの感覚は想像上の風なのか本物の風なのかその区別がつかない、など言い出せばキリがないほど沢山の「よくわからない」を越えてきました。

「よくわからないことはよくわからないままで受け入れる」

我ながらよくぞこの歯がゆいトレーニングに耐えて、頑張ったなと思います(笑)。何度もやめようと思い、何度も諦めようと思いましたが、諦めずに努力したからこそこの技に近づくことができました。

その一方でさまざまなことを引き算し、諦めて捨てていくことで技が私に近づいてきてくれました。

で、結局努力するべきなのか?諦めるべきなのか?

おそらくどちらも大切です。できることはやるし、できないことはやれませんが、タイ古式に飽きたり、嫌いになることはありませんでしたし、その可能性を今もこれからも信じ続けていけると思います。

タイ古式をやるとちょいちょい面白い出来事に遭遇します。それにつられて今日もタイ古式をやりました。何度やっても面白い。毎日やっても飽きない。という訳で、明日も引き続きタイ古式をやります!

世界一気持ちいいとは言えませんが

タイ古式は世界一気持ちいいマッサージと言われていますが、私の習得した技法は必ずしも心地いい感覚になるとは限りません。昨日の記事にも書いたように、不具合が生じることもあります。風は色々ですから時には激しい暴風がやってくることもありますし、何の変化も起こらない静かな風が吹くこともあります。私はできるだけ心地よさに近付けていくアプローチ(習ったこと、覚えていること)はしますが、その確証はありませんので、そのあたりも「面白い☆」と引き受けて下さるお客様をお待ちしております。こちら側の勝手な申し出ですが、その真意がわかるかもしれませんし、真意などないのかもしれません。

タイ古式の中身はその時やってくる、触れる風の質で内容が変化します。その内容に良い悪いという概念はありませんので不具合が生じてもそれが悪いことだとは考えません。なぜそうなったのかも特に考えることはありません。おそらく、、、もしかすると、、、ということは言えますが、はっきりした答えは存在しません。

風には内側に存在する風と外側からやってくる風の2種類があります。内側の風を精霊、外側からやってくる風を聖霊(サティ)と勝手に呼んでいますが、そもそもタイ古式マッサージは自由ですから、どう解釈しても大丈夫です。

これからも私のタイ古式を探していこうと思います。

不具合が生じます

時々、タイ古式をやると調子が悪くなるお客様がいらっしゃいます。ですが、タイ古式の手技自体はソフトタッチで強い刺激はなく安心安全ですし、数日経過すれば不具合は落ち着きますのでどうぞご安心下さい。とまぁ、なんとも曖昧で説得力のない説明ではありますが、風が引き起こす現象をコントロールすることはできません。タイ古式は不調の改善にお役に立つ時もあれば、まったく意味がない場合もありますので、受けるか受けないかはお客様のご判断にお任せしています。

しかしながら、この現象はタイ古式をやるセラピストにとっては大問題です。

「お客様の為に」と思ってやっていることが逆にお客様を不快にさせてしまう場合もあるとは一体どういうことなのでしょう??普通にそう思います、ハイ。やる側の心構えや心積もりはそれなりにあるにはある(レッスンでお伝えしています)のですが、それらを意識したからと言って不具合が起こる可能性を回避できるワケでもなく、そういうことが幾度となく続くとセラピストは心が折れてしまい「もうこれ以上タイ古式を続けられない、お客様に提供できない」と面白みややりがいをなくしてしまう方もいますし、辞めてしまう人もいます。私も何度も折れそうになりましたが、その度にその場面をやり過ごしてきました。風の流れがコントロールできないということはタイ古式をある一定の目的には活用できないということで、支配と依存の関係は成立しませんので、定期的に通う必要もなければ、お客様も私も結果を出すことを目的とすることもありません。そういう意味ではやる側にはとても優しい技法と言えます。とにかく、タイ古式のセラピストはどんなことがあってもとにかく続けていくことが大切で、そのうちにどんなことがあってもそこに執着しなくなりますし、タイ古式を受けた後のお客様のご感想があまり気にならなくなります。

タイ古式って何だろう?サティって何だろう?

と考えながら、今日もタイ古式をやりましたが、相変わらずわかっているようでわかっていなくて、でもやるとわかることが増えていくのですが、そのわかることもその時限りなのでまた次もやってみたいと思います。本当にタイ古式マッサージって面白い☆

自由気ままな風に振り回され、一緒に遊んでいます。

売上と集客2

「自分がいい!」と思うセラピーやメニューしかお客様には伝わりません。ですが、タイ古式の場合、その良さや効果をうまく伝えることができません。タイ古式は変幻自在で自由な発想を持つワークですから、定説がないというか説明や概要は不要なのかもしれません。でも「情報を発信して実際に受けていただきたい」という自分の思いは捨てられないので、折り合いをつけるためにブログを書いています。

私のタイ古式は風が主役で、風ありきのタイ古式です。でも風はコントロールできる存在ではありませんので、すべては風まかせ。よって「集客や売上」というご予約状況も風にまかせています。ということは、自分の責任やプレッシャーが少ないので私も気が楽です。とまぁ、タイ古式を提供する私はこんな感じですが、お客様もまぁまぁな冒険心や遊び心をお持ちです。お客様のご期待に添えるかどうかは毎回やってみなければわからない(お金や時間が無駄になってしまうリスクもあります)にもかかわらず、コンスタントにご予約をいただいております。お客様によってタイ古式を受ける理由や目的、ご感想もさまざまですが、運命的な出会いをされた方には長いスパンでご利用いただけるセラピーとなります。ということは「風にまかせてしまえば間違いない」ということで、キャンペーンを打ち出したり新しいメニューを出したりという「新しい何か」に取り組む必要がありません。先日、エステサロンを経営しているお客様が「店の広告を出しても出さなくても売上は同じ」とおっしゃっていましたが、なんとなくわかるような気がします。そのお客様は試行錯誤を繰り返し「諦めることと諦めてはいけないこと」がはっきりと定まったのだと教えて下さいました。

私がいいと思うセラピーを受けて下さるお客様がいらっしゃる。

セラピストとしてこれほど幸せなことはありませんが、これも自然な流れで風もまた自然な流れを持つエネルギーです。タイ古式は「受けたいな」と思う時とそのタイミングの合う時に受けるのが1番効果的です。

変化

日々を淡々と過ごすことがこの上なく幸せだと感じる今日この頃です。繰り返される毎日の中に小さな幸せや感動は存在していて、今手にしているものや目の前にあるものに感謝し、満たされています。この感覚は自分自身を肯定しているからこそ、なのかもしれません。タイ古式に出会う前よりは不平不満も減り、自分に起こる出来事を程よく受け入れていけるようになりました。何かや誰かに対して不平不満を持ったとしても「そーゆー時(こと)もあるさ」と自分に味方し、自分を否定しなくなりました。タイ古式に出会って以来、自分の中身が変わったなと感じています。

 

セラピーへの道 その①店の場所

One day lesson 2(プチ起業&ミニ経営講座)で自宅サロンヒストリーをお話ししていますが、自分でもはっきり把握していなかったので、ここに記録しておきます。

 

2006年、お稽古感覚でセラピーを学びはじめる

2008年、自宅(翌年売却)にて友人、知人の皆さんへのトリートメント開始

2009年1月10日、古いアパートの1室を契約したものの7月末で退去。

9月11日、新築アパートのひと部屋へ移転

2010年2月末日、退去

同年3月、自宅建物3階に引っ越し。1月上旬に父が倒れ病状が深刻だったため休業。タイ古式マッサージアドバンス、マスターコース、終了

2010年11月、場所を1階へと移し、営業再開

2011年11月、そばかふぇゆったりあけもどろオープンのため、再び店舗を借りての営業へと移行

2012年12月、サロンを自宅(3階)へと戻す

2013年1月、営業再開、現在に至る

講座では主に

営業できる部屋を探すことが困難だったこと

ようやく探した部屋を退去した理由

店舗用テナントでのメリット、デメリット

各サロンでのお客様の層やご予約状況

1番収入の少なかった場所、多かった場所についてのエピソードをお話ししています。

ご参考になれば幸いです。

タイ古式マッサージの特徴

私の習得したタイ古式マッサージチェンマイスタイルです。私は8年ほど前からタイ古式マッサージをやっていますが、型を増やしたり変えたことは1度もありません。90分、120分、150分、180分、すべて同じ型です。通常タイ古式の技(チェンマイスタイルは主にストレッチです)は200~300あると言われているようですが、私の場合は10~30くらいしか使いません。でもセンは無数にありますので、当然センを伸ばしたり、センの中の風の入口(ツボとは少しニュアンスが違います)より内側へと入っていく技法は使います。腱や筋肉を伸ばすストレッチではなくセンを伸ばすためのストレッチを行います。

タイ古式をやると共感と共鳴が働きます。つまり私にもお客様のお身体の状態がなんとな~くわかります。タイ古式では「心と身体の状態は風の過多や過少が影響を及ぼす」と考えていますので、風が集まっている部分は散らし、少ない部位には風を集めます。型は有効なセンを探すために、センは風の様子を探るためのものです。作業自体はとても地味で単調に見えるかもしれませんが、お客様によって風の性質が違いますので、その風とやりとり(時には会話したり、遊んでみたり)しているとあっという間に時間は過ぎていきます。やればやるほどわかる(そこへ辿り着くためには沢山の「わからない」を越えなければなりませんが)ようになります。型(ストレッチ)はあくまでも風を探すための工程ですので、それ自体が重要な行いにはなりません。もし腱や筋肉のストレッチを意識してしまうと、風の存在に気がつかなくなりますし、センに触れることもできません。よって過去に学び習得した技法は必要ではなくなります。もしくは、今まで築き上げてきた、積み上げてきたスキルや知識を捨ててしまわなければならなくなります。これがタイ古式で言う「はく奪」です。でも、まぁ、この辺りは適当にスルーして構わないのですが、生真面目な方は「自分がよくわかっていないものをわからないままでお客様に提供はできない」と悩んでしまいます。でもタイ古式は意味があるようなないような、受けても受けなくてもどちらでもいいものですから、わからなくていいのです。タイ古式は考察ではなく観察と感覚です。

もしこの文章を先生が読んだら「近からず遠からず」や「そうとも限りませんよ~」と笑うかもしれません。確かにこれは今日の私の気分で書いた文章に過ぎませんし、私の視点から見た、私の主観の入ったタイ古式マッサージの特徴です。風を扱うタイ古式マッサージは吹いては流れ、流れては消えていきます。