タイ古式マッサージのマニアックな話

タイ古式マッサージとはこんなに奥が深いのです

タイ古式マッサージの深い話

タイ古式マッサージとは何か?」を知るために習ったことや覚えたことを忠実に再現したり、師匠のマネをしてみたりするのだが、いつまで経っても師匠のようにはなれない。

複雑な感情の波をいくつも越えながらタイ古式を続けていると、「私は私のタイ古式でいいのだ」と思えるようになった。でもそれは師匠とようやく同じ立ち位置に立ったとか師匠を超えたということではなく「私は師匠を越えられない」と心底諦めた時に、センの感触、風の質などがつかめるようになり、タイ古式が上手くなった。

「師匠のようになりたい」という思いは常にあるが「師匠を超えること」が私の目標や目的ではない。そんな目的を設定してしまうと風は私に近づいてこない。タイ古式は自己実現のためには役に立たない上に「なぜその目的が必要なのか?」と魂の純粋な部分に揺さぶりをかけてくる。

「師匠をいつまでも追い続けていきたい」

このピュアな気持ちがあるからこそ、私は日々タイ古式に向き合える。

絶対に諦めない日々が経験となり自信となり、そのプロセスの中で自分を認めることができた時、ようやく私は本当の自分や素のままの自分に出会った。時間の経過で言うと10年はかかったと思う。

自分や店の方向性が定まらない時は、リラク同業者のブログを見たり、参考にできるサロンを探したり、別の店でタイ古式を受けたりしていた。そして今も「ご予約がなくなったら別の仕事をしよう」という現実や将来も見据え、ちょくちょく情報収集やリサーチも始めている。でも、将来を不安視しているからではなく別の理由も絡んでいるのだが、いずれにしても決断したり行動するのは今ではない。

過去を振り返り、現実を受け入れその延長線上にある未来を見据える。

待つことが苦手な私が気長に待てるようになったのはタイ古式のおかげでそのコツを教えてくれたのもタイ古式。いや、タイ古式の中にコツがあることを私が探し当てたのかもしれない。

タイ古式でバンタ(チャクラ)の役割や使い方を思い出すと、バンタが正常に働くようになる。3つのバンタには過去、現在、未来の波動があり、センより風がボディ、ソウル、マインドに揺さぶりをかける。すると全身、全体の風通りがよくなるため、お客様の何かが変わり、自分自身の内なる力に背中を押され、風の門を開けたその先へと歩み始める。

3つのバンタが連動して動くようになると、自分が自分で在るということを認識し、自分を信じ、他人を愛し、臆することなく自己表現ができるようになっていく。

私自身も素の自分のままで今を生きている。

過去は過ぎたことだと認識し、現実的な問題を日々片付けていき、これから歳を重ねていくことが楽しみだと感じる。

あの頃師匠は

「自分のようにならなくてもいいんですよ~」とニコニコ笑っていたけど、先生はきっとこの場所に私が着地することを知っていたのかもしれない。

何を考えているのか、何も考えていないのか。

私は師匠のことを何も知らない。いや、正確には師匠の持っている技のことを知らない。だから私はいつだって沢山質問する。

師匠は私の質問を面白そうに聞きながら、包み隠さず何でも教えてくれて、どんな質問にも答えてくれる。もし「技は盗め」とか「肝心なことは教えない」というストイックな職人気質な先生だったら私はとっくに辞めていたと思う。正されるのも諭されるの叱られるのも嫌だから。要するに厳しいのは苦手。

タイ古式に出会って以来、自分の子供達への接し方や向き合い方も大きく変わった。自分が彼らを尊重し信頼できるようになったので、叱らなくなり、怒らなくなり、我慢もしなくなった。でも子供達には色々と口は出す。聞くか聞かないかは本人の問題だが、その前に私の話を聞き入れてくれるような関係を築かなければならない。子供たちに信頼してもらえるような親になるにはどうすればいいのだろう?

私の生活はタイマッサと繋がっていて答えはすべてタイマッサの中にある。

師匠とのやりとりやお客様との雑談の中に答えがある。おしゃべりがない時はセンや風の感覚からサティという古代の叡智や生きるヒントが降ってくる。サティは内側ではなく、自分の外側のナナメ上とか横から突然グンと来る。といっても、タイ古式は宗教ではないし、神との対話とか高次の存在と交信するというスピリチュアルなものでもなく、1人で行う瞑想や呼吸法とも違う。

ではタイ古式って何ぞや?

その謎が解ける日がくるかもしれないし、解けないままかもしれないし、そもそも謎などないのかもしれない。

本当に面白くて「またやりたいな」と毎日思う。 

ボディ、ソウル、マインドで感じる幸せ

彼女は幸せだと言うけれど、身体からはそれが感じられない。全身がこわばり風の流れが悪く、腹部は硬くて頭も石のように重い。

「思考は幸せだと認識しているが、身体は疲労していて心には解放されていない感情が残っている」という感覚が伝わってきたが、確認はできない。以前も同じ状態だったので2、3質問してみたのだけど、その時も彼女は自分の考えや気持ちを打ち明けてはくれなかったので、今回もそこには触れられない(いや、実際には触れているのだけど)。

で、その日のタイマッサはリラクゼーションにもならないようなつまらない時間となって過ぎていった。

 サティは共感と共鳴の渦が巻いて初めて起こるものだが、お客様とのやりとりを「当たらず触らず」でいるとそのような風しか吹いてこない。

本来のタイ古式マッサージとは仏教の思想の入ったお釈迦様のマッサージで、世界一気持ちがいいと言われている。さらにヨガ的ニュアンスが含まれているのならば、ヨガ同様に精神や肉体や魂の解放を目的としているため、単なるリラクゼーションでは終わらないハズ。だからロムがセンを通るタイマッサは不思議な感じでちょっと変わっているのだ。

私の目指すタイマッサはそれで、私の役割もそれだと思いたい!!

素のままで自分の心を開けば風の門を開くことができる。

風の門を開くことができれば素のままの自分になれる。

だから余計な考えやプライドは捨てた方がいい。

余計な考えとは何か?

素のままでタイマッサをやったり受けたりすれば「余計な考えとは何か?」ということを考える意識が消えてなくなる。

「素のまま」とはどういう状態のことなのか?

タイマッサが「素のままのあなた」を教えてくれるかもしれないしくれないかもしれないが、望めばきっと応えてくれる、ということに期待したい。

「何がどうだからこうなった」という起承転結のないところがタイ古式の面白くていいところ。

なんてテキトウでいい加減なの!!

でも、すべてにおいてそのくらいの距離感がちょうどいい。

しかしながら、私達は「素のまま」や「テキトウでいい」という感覚がわからない。

以前の私もわからなかった。でもタイ古式をやるようになって少しずつわかるようになるとそのテキトウさが生きづらさを排除してくれるようになり、余計な考えやプライドから解放され、人生が彩り豊かで楽しいものとなった。

という経験をしているので、この仕事を続けていて皆さまにもおススメしております。

本来ならここで「ご予約をお待ちしてます☆」と書きたいところですが、当店は2月いっぱいお休みをいただきます。

現時点でご予約が確定されているお客様はご予約当日にお待ちしております。

「素のままで受けないといけないの?」というプレッシャーに負けず、どうぞお越し下さいませ(笑)。

最後に、先日の振替をお願いしている皆さまには大変ご迷惑をおかけしました。来月お会いできる日を楽しみにしております♪

では

本日も素敵な1日を☆ 

切り替わる

その昔、タイ古式をメニューに導入してしばらくすると不安が募ってきました。

タイ古式でやってくる「なんとなくいい」というはっきりしない感覚をお客様へと届けられるのだろうか?

セラピーでもリラクゼーションでもないようなメニューに価値を見出してもらえるのだろうか?

答えが出ないまま毎日を過ごしていると、ふと面白い考えが浮かびました。それは今まで考えたこともないユニークは発想でした。

受けても受けなくてもどちらでもいいタイ古式マッサージ、、、。

そんなコンセプトの店はほとんどないハズ。ということはその時点でLUNA SUN CHI はオンリーワン!?

セラピーでもリラクゼーションでもないようなタイ古式に価値を見出してもらえるかどうかはお客様にご判断いただこう。タイ古式を続けられるかどうかは自分の努力というよりは流れ。だから売上や集客もゆだねよう。

症状の改善の必要はなく改善のしようもないけど何かが変わる。

でも何が変わるのかはやってみなければわからない。

いや、もしかすると何も変わらないのかもしれない。

でも、、、

「私がタイ古式の中に感じた『なんとなくいい』という感覚はきっと届けられる」

そう思えるようになったら不安は楽しみへと切り替わり、いつの間にかタイ古式は私の期待を裏切らなくなりました。

「技が私のものになった」と勝手に解釈しています(^^♪ 

ひとりごと

思っていた目標が達成できなくても道は他にいくらでもあるのだから大丈夫。

例えばどんな道?

他の道はどこにあるの?

今はまだ他の道を手にしていないから「本当にそんな道があるのだろうか?」と疑ってしまう。

「なんとかなるから大丈夫」などと呑気なことは言っていられない。

逆にそんないい加減で無責任なことは言わないで欲しい。

すると今度は信じるか信じないかはあなたの問題だと言う。

ではどうすれば信じられるの?

どんな努力をすればいいの?

その方法やコツを教えてくれれば実践するのに

「あなたの成功方法はあなたにしかわかりません」

結局、考えているだけでは何も始まらない。

考えていることを自分自身の決断と行動でカタチにしてみなければ先のことはわからない。

だから自分を信じないといけないわけだ。

自分を信じなければ何も始まらない。

もし何かを始めてみたいのなら信じることから?

 私の場合、プライベートで何かあってもご予約でタイ古式マッサージをやると気が楽になる。

「考える」を「風に触れる、風を感じる」へと変換していくと、余計なことは風が吹き飛ばしてくれるせいか、心と身体に余裕ができて

「大丈夫、うまくいく。うまくいかなくても何とかなる」という信じる気持ちが根付き「自分でなんとかする」という意識で具体的に今やるべきことが明確になる。しかもめんどくさいことから先に手掛けていくようになる。

この変化は言葉や文章ではうまく説明できないけど色々な出来事が起こったりつらつら考え始めても「とりあえず私にはタイマッサがあるからいいや」へと着地する。 

外側の世界

タイ古式マッサージは受けた人を外側の世界へと送り出してくれます。センを通して内側の世界へ入っていくのかと思いきや、外側へと広がっていきます。時間や空間を越えた神秘的な場所へとワープします。でもそれはイメージではありません。半覚半眠の状態はイメージと現実の中間の場所で、頭ではなく触覚を軸にして視える世界です。見える世界ではなく触れられる世界。でも深く入り込むのではなく、ある一定の場所まで行くとまた離れていきます。それを繰り返すことで心身のバランスを調整していきます。

答えは内だけではなく外にもあります。

タイ古式は外の世界へと向かえるように内側を調整していきます。自分の内側が整えば恐れることなく自由に外の世界へと出ていけます。バンタ(チャクラ)がしっかりとした軸になると「自分は自分でいい」と自然に思えるようになります。誰かに何かを言われたとしても感傷的になることなく、それは単に意見の相違や視点の違いだと思えるようになります。自分が何者であるかを理解し、自分の考えや思いを受容し、それを表現することで満たされると同時に、共感と共鳴で繋がる誰かや何かへと広がっていきます。

自分の内側にある無限の可能性を生かせるのは外の世界です。

ただ持ち続けているでけではどこにも繋がりません。外の世界には自分の内側を満たしてくれるさまざまな素晴らしい景色が広がっていきます。めんどくさがらず、おっくうがらず、好奇心と遊び心で外の世界へと出かけていけるよう、タイ古式で自分の内側の世界を整えていきます。

ではタイ古式マッサージがどのようにバンタ(チャクラ)を整えていくのか?

よもやま話の中にヒントいえ答えがあります。たわいもない雑談の中に「自分は自分のままでいいんだな」という答えがあります。

では話をしないでただ横になっている場合は?

タイ古式の型とセンそして風の作用がバンタを整えます。タイ古式は指圧とは言えない弱い圧でセンを押し、伸ばし切ることのない微妙なストレッチで身体を動かしていきますが、その不思議な感覚(ナーブタッチ)が頭に上がったエネルギーを身体全体へと回していきます。

※強い刺激を求める人には何とも言えない中途半端な不快感が襲ってくることもあります。

内側の世界と外側の世界を繋ぐナーブタッチというテクニックを使ったタイ古式マッサージをぜひお試し下さい☆